netkeiba.com ニュース

直線で内を突いて抜け出した田辺裕信騎手騎乗のストロングサウザーがタイムズアローに2馬身差をつけ優勝(撮影:武田 明彦)

 18日、盛岡競馬場で行われた第20回マーキュリーC(GIII・3歳上・ダ2000m・1着賞金2300万円)は、先団の後ろでレースを進めた田辺裕信騎手騎乗の2番人気ストロングサウザー(牡5、美浦・久保田貴士厩舎)が、直線で内を突いて抜け出し、最後は好位追走から渋太く伸びた9番人気タイムズアロー(牡8、船橋・川島正一厩舎)に2馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは2分2秒4(良)。

 さらにハナ差の3...

[全文表示]

みんなのタレコミニュースは、ユーザーが作成したニュース記事です。