netkeiba.com ニュース

 友道師(右)に見送られ、馬運車へと向かうマカヒキ

 今年のダービー馬で凱旋門賞・仏G1(10月2日・シャンティイ)に挑戦するマカヒキ(牡3歳、栗東・友道)が19日、栗東トレセンを出発した。早朝に約1時間の引き運動を済ませ、午前9時過ぎに帯同する僚馬マイフリヴァ(5歳500万下)の誘導で、ゆっくり馬運車の中へ。出発前の馬体重は前走のダービー出走時と同じ502キロだった。

 友道師は「予定通り。暑かったけど、夏バテもなく順調。落ち着いている」と納得...

[全文表示]

みんなのタレコミニュースは、ユーザーが作成したニュース記事です。