netkeiba.com ニュース

メルボルンC終了後に倒れたアドマイヤラクティ(写真は2013年ダイヤモンドS優勝時)

 4日、オーストラリア・フレミントン競馬場で行われたメルボルンCに出走したアドマイヤラクティ(牡6、栗東・梅田智之厩舎)が、レース後に倒れ急死したことがわかった。

 同馬はメルボルンCで58.5キロのトップハンデを背負いながらも1番人気に支持され、道中2番手で進めたものの、最終コーナー手前で急激に失速して最下位に終わっていた。現地からの情報によると、その後馬房で倒れ、獣医が治療にあたるも死亡した...

[全文表示]

みんなのタレコミニュースは、ユーザーが作成したニュース記事です。

おすすめ商品