スマートフォン版へ

【ユーイチの眼】〜「天才ジョッキー・福永洋一」の騎乗分析〜

  • 2014年09月16日(火) 18時00分
祐言実行

▲今週は天才と言われた福永洋一さんの騎乗を分析


自分がやろうとしていることを40年前の父が…


 先週のコラムにも書いたが、つい先日、初めてじっくりと父親のレース映像を見た。70分くらいの映像だったけれど、そのなかにはたくさんのレース映像が入っていて、それらをひとつひとつコマ送りで見た率直な感想は──。

「あの時代にあれをやっていたら、そりゃあ勝つわ」という一言に尽きる。初めて父親のすごさがわかったし、9年連続のリーディングも納得だった。

 今、自分がコーチを付けて、何年もかけて会得しようとしていることを、40年前の父親が、おそらく自分の感覚だけでやっていた。自分がそれに取り組み始めたのが2010年。そのおかげで勝ち星が伸びて、リーディングを獲れるまでになった。でも、40年前に、同じようなことを独学、あるいは感覚だけでやっていたのが福永洋一。今、自分のコーチが映像を観ても、「あっ!」とすぐにわかるはずだ。

 その技術を言葉で説明するのはなかなか難しい。レース映像でも、コマ送りで見て初めてわかることだ。

 映像のなかの他のジョッキーと比べると、まず馬の受け方、構えが違うし、懐の深さも違う。なによりバランスの軸が常に

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

質問募集
祐言実行 / 福永祐一
このコラムでは、ユーザーからの質問を募集しております。あなたから
コラムニストへの「ぜひ聞きたい!」という質問をお待ちしております。
質問フォームへ
祐言実行とは
2013年にJRA賞最多勝利騎手に輝き、日本競馬界を牽引する福永祐一。まだまだ戦の途中ではあるが、有言実行を体現してきた彼には語り継ぐべきことがある。ジョッキー目線のレース回顧『ユーイチの眼』や『今月の喜怒哀楽』『ユーザー質問』など、盛りだくさんの内容をお届け。

1976年12月9日、滋賀県生まれ。1996年に北橋修二厩舎からデビュー。初日に2連勝を飾り、JRA賞最多勝利新人騎手に輝く。1999年、プリモディーネの桜花賞でGI初勝利。2005年、シーザリオで日米オークス優勝。2013年、JRA賞最多勝利騎手、最多賞金獲得騎手、初代MVJを獲得。2014年のドバイDFをジャスタウェイで優勝。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング