スマートフォン版へ

最高のデキに迷う馬券

  • 2014年10月03日(金) 12時00分


有力2頭は絶好調

 先週の神戸新聞杯、ワンアンドオンリーはさすがダービー馬といった貫録のレース内容でしたね。

 最後の直線、追いこんできたサウンズオブアースに並ばれてからも抜かさなかった根性はさすが王者の証。

 もともと一度叩かれてからの方が気持ち的にも体的にもアップするタイプですし、今回の内容を見る限りワンアンドオンリー&横山典弘騎手のコンビを負かせる人馬が菊花賞でいるようにも思えない状況…。2冠制覇の可能性、今回の走りでより高くなったように感じました。

 さて今週は秋競馬G1開幕となりますスプリンターズS、そして凱旋門賞です。
各地でパブリックビューイングも開催されるわけですが、ここ数年で日本と凱旋門賞の距離が本当に近くなりましたね。

 スピードシンボリに始まり二ノ宮調教師や池江調教師、蛯名騎手に武豊騎手と長年に渡り夢を追い続けてこられた方々の道のりあってこその今日だと思うと、その方々の名前がないのは少々寂しい思いではありますが、繋がれた歴史を引きついで挑む今回の陣営なだけに、最高のパフォーマンスを見せてほしいものです。さてその前に国内G1のお話を。

 取材をしていてとにかく具合の良さを感じたのは、有力馬であるハクサンムーンとストレイトガール。両陣営とも、「これまでで1番のデキと思えるほど最高の状態に仕上がった」とのこと。

 確かに筋肉量といい、落ち着きある雰囲気の中にも鋭さが感じられる精神面といい、走りそうなケハイが漂っていました。

 しかもそこに、グランプリボスの追いきりを終えた三浦皇成騎手が、「安田記念の前とは馬がまったく違う。凄く良い」と大絶賛。

 マイルからの1200となるだけにスタート後の位置取りがポイントとなりそうですが、底力という意味では出走馬中ナンバー1の逸材であるだけに確かに侮れないところも…。

 当初はハクサンムーンとマヤノリュウジンの3連単2頭軸で気になるところ数点に流そうと思っていたのですが、取材を終えて心が揺らいでしまいました。

 しかも新潟の馬場について、正直なところ騎手もよく分からないと口を揃えて話しており、読めないところも…。

 それだけにギリギリまで私も馬券は悩みそうです。それでは皆さん、週末は競馬場もしくはフジテレビ「みんなのKEIBA」でお逢いしましょう。ホソジュンでしたぁ。

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

愛知県蒲郡市出身。JRA初の女性騎手として96年にデビュー。その後2000年にはシンガポールにて日本人女性初の海外勝利。2001年6月引退。通算成績493戦14勝。海外2勝。 現在はホース・コラボレーターとしてTV、ラジオ出演の他、文芸ポストにおいて短編小説「ストレイチャイルド」発表するなど、幅広い活躍を見せている。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング