スマートフォン版へ

南関東デビュー馬の復権

  • 2014年11月28日(金) 18時00分


◆関係者の意識の変化や努力

 昨年に続いて南関東の調教師リーディングをほぼ確定させている小久保智調教師の勢いが止まらない。26日の兵庫ジュニアグランプリ、そして27日の笠松グランプリと、遠征しての連日の重賞制覇は神がかり的と言っていいほどだ。

 兵庫ジュニアグランプリを制したのはジャジャウマナラシ。南関東所属の2歳馬によるダートグレード勝利は、2006年の全日本2歳優駿を制したフリオーソ以来、8年ぶりのこととなった。それでひとつ気になったのが、ジャジャウマナラシが南関東デビュー馬ということ。

 南関東の3歳クラシック戦線で活躍するのはホッカイドウ競馬からの移籍馬ばかりということが長く続いていたが、実はここ1、2年で、南関東デビュー馬の活躍が目立つようになってきたなあと思っていたところだった。

 たとえば今年、牡馬の二冠こそ北海道デビューのハッピースプリントが制したが、桜花賞のシャークファング、東京プリンセス賞のスマートバベルと、牝馬三冠のうち南関東限定の二冠を勝ったのは、ともに南関東デビュー馬だった。昨年は、桜花賞のイチリュウ、東京ダービーのインサイドザパークが南関東デビューで、ここ2年は牡牝併せて六冠のうち南関東限定の四冠の半分を南関東デビュー馬が制している。

 ちなみに2年前の2012年に南関東デビュー馬がクラシックを制したのは

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

1964年生まれ。グリーンチャンネル『地・中・海ケイバモード』解説。NAR公式サイト『ウェブハロン』、『優駿』、『週刊競馬ブック』等で記事を執筆。ドバイ、ブリーダーズC、シンガポール、香港などの国際レースにも毎年足を運ぶ。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング