スマートフォン版へ

「高速馬場」「脚元への負担」 馬場をめぐる批判は本当に妥当なのか

  • 2015年04月27日(月) 18時01分
 桜花賞、皐月賞が終了し、25日からは主場開催が東京、京都に移った。この時期の芝コースは概して状態が良く、年間を通してもタイムが速い部類に属する。特に京都は速く、昨年のこの開催で1600(外)、1800mという基幹距離のレコードが更新された。

 このようなタイムの速い状況は、関係者やメディアの間ですこぶる評判が悪い。「高速馬場」は今や、JRAの馬場管理を難詰する際のマジックワードと化した感さえある。

 だが、厩舎関係者にまで拡散したこの種の紋切り型の批判は、どこまで妥当性があるのか、再考する必要性を感じる。日本の芝はなぜ、現在のような「造り」なのか。海外の芝はすべて「遅い」のか。タイムの速い芝は本当に「脚に優しくない」のか。可能な限り、1つ1つ検証してみる。

日本だけが本当に速いのか?


 各国の芝の速さを比較しようにも、出走馬のレベル差を正確に比較すること自体がひどく難しい。しかも、国ごとに計測の方法が異なる。ゲートが開いてから計時が始まるまでの距離は、長い順に北米、日本、フランスとなる。従って、正しいアプローチかどうかはかなり疑問だが、ブリーダーズCターフ、ジャパンC、凱旋門賞を比較してみる。

 ジャパンCは過去34回中33回が東京で施行され、決着タイムが2分24秒を切った事例が、1989年のホーリックス以降、9回を数える。一方、主要競馬場を転々とするブリーダーズCターフは、97年以降、2分24秒未満が5回。5回の内訳は閉鎖されたハリウッドパークが1回(97年)の他はすべてサンタアニタ。この2場では創設から11回しか施行されていないため、相当に高い確率と言える。日本はコンスタントに速いが、コーナーが急である点を考慮すれば、米西海岸もかなり速い部類だ。

 それに比べればロンシャンは遅い。初の2分24秒台が97年のパントレセレブル(2分24秒6)は驚異的な記録と評価された。この記録が更新されたのが11年で、デインドリームが2分24秒49を出した。同年は欧州全体を猛暑が襲い、馬場が乾き切った状況だった。

 一方、北米でもチャーチルダウンズ(ケンタッキー州)の場合、11月でも気温が日本の真冬並みに下がる場合があり、芝はケンタッキーブルーグラス(札幌や函館でも使用される)で、当然ながらタイムは遅い。西海岸が速いのは、年間を通じて気温が高く、日照時間が長いという気候条件が作用している。

速さの背景に徹底した管理


 あくまでも相対評価だが、日本の芝は欧州よりは間違いなく速い。また、主にバミューダ芝を使用する香港・シャティンとの比較でも、遠征馬の記録を見る限り、速いことは速いと言えそうだ。問題は理由で、「路盤が堅いから速い」と広く考えられている。

 ところが、実は日本の馬場は90年代と比べて硬度が30%近く落ちている。軟らかくなっているのだ。最近、刊行された「馬場のすべて教えます」(小島友実氏著、主婦の友社)に紹介されているが、理由は路盤に使われる素材が、土から排水性の良い砂に変わった点と、「バーチドレン」や「シャタリングマシン」といった機器を使用して、路盤を軟らかくする取り組みを進めているためだ。前述のロンシャンの場合、路盤が粘土質のため、晴天が続くとカチカチになってしまう。天候を問わず平素から散水の量は多いのだが、11年は散水しても追いつかないほど乾ききっていた。

 馬場が軟らかくなり、硬度が諸外国に近い水準に来ているのに、なぜタイムは相変わらず速いのか? しかも、

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

コラムテーマ募集
教えてノモケン! / 野元賢一
このコラムでは、コラムニストに解説してほしいテーマを募集しています。
競馬で気になっている話題を、下記フォームからお寄せください。
質問フォームへ

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

1964年1月19日、東京都出身。87年4月、毎日新聞に入社。長野支局を経て、91年から東京本社運動部に移り、競馬のほか一般スポーツ、プロ野球、サッカーなどを担当。96年から日本経済新聞東京本社運動部に移り、関東の競馬担当記者として現在に至る。ラジオNIKKEIの中央競馬実況中継(土曜日)解説。著書に「競馬よ」(日本経済新聞出版)。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング