スマートフォン版へ

【祐一History vol.30】『なぜアメリカのトップジョッキーが短期免許を取らないか』

  • 2015年05月05日(火) 18時01分
祐言実行

▲「アメリカのホースマンたちの気質」を痛感した出来事を告白


たった一度の帰国で状況が一変


 2012年の8月3週目、札幌記念でダークシャドウに騎乗するため、一度帰国。レース後、その日のうちに飛行機に乗るという、文字通りのとんぼ返りだった。

 が、そのたった一度の帰国が、アメリカでの自分の状況を大きく変えた。帰国前、使うレースはすべて自分を起用してくれていたパトリックも、競馬はもちろん、調教にすら乗せてくれなくなった。

「行ったり来たりしていると、本気度を疑われる。遊びで来てると思われるから、帰らないほうがいい」

 渡米当初のエージェントの忠告が、その状況になって初めて実感として迫ってきた。あらかじめ、周囲の人にも「その日だけ日本に帰ります」と伝えてあったが、どうやらアメリカの競馬社会では無意味だったようだ。

 ヨーロッパからは、短期免許で続々とジョッキーが来日しているが、アメリカのトップジョッキーたちはほとんどこない。短期免許での複数回の来日があるのはケント・デザーモくらいで、あとはビクター・エスピノーザが一度ある程度。日本で乗りたいと思っているジョッキーは多いと聞くが、トップジョッキーですら、行ったり来たりしている間に乗り馬がいなくなるらしい。

 エージェントいわく、

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

質問募集
祐言実行 / 福永祐一
このコラムでは、ユーザーからの質問を募集しております。あなたから
コラムニストへの「ぜひ聞きたい!」という質問をお待ちしております。
質問フォームへ
祐言実行とは
2013年にJRA賞最多勝利騎手に輝き、日本競馬界を牽引する福永祐一。まだまだ戦の途中ではあるが、有言実行を体現してきた彼には語り継ぐべきことがある。ジョッキー目線のレース回顧『ユーイチの眼』や『今月の喜怒哀楽』『ユーザー質問』など、盛りだくさんの内容をお届け。

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

1976年12月9日、滋賀県生まれ。1996年に北橋修二厩舎からデビュー。初日に2連勝を飾り、JRA賞最多勝利新人騎手に輝く。1999年、プリモディーネの桜花賞でGI初勝利。2005年、シーザリオで日米オークス優勝。2013年、JRA賞最多勝利騎手、最多賞金獲得騎手、初代MVJを獲得。2014年のドバイDFをジャスタウェイで優勝。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング