みんなの「ユーザー投稿」コラム

仏ダービー馬 ザグレイギャッツビー

2014年06月05日(木)11時14分

注目数:1人
ジョッキークラブ賞(仏ダービー) シャンティイ競馬場 芝2100m


今年の仏ダービー馬に輝いたのはイギリス馬 ザグレイギャッツビー(The Grey Gatsby)でした。
前走で英ダービーのステップレースを勝ったものの、本番に登録がなかったためフランスに遠征してきました。

デビューから短距離マイル路線を進んだ同馬でしたが、重賞では2着を繰り返し勝ちきれないまま、前々走の英2000ギニーに駒を進めるもレース前の評価は低く、結果も下馬評通り10着と大敗。
マイル路線では上位馬とは力付けが済んでしまった感もあり、前走では距離を延長し英ダービーのステップレースであるダンテS(約2100m)に出走し、このレースでゴドルフィンの評判馬トゥルーストーリー(True Story)に勝利して重賞初制覇を飾っていました。
そしてフランスに遠征してのダービー挑戦となった今回。道中は後方内側を進み、最後の直線では外に出そうとして被せられるなど苦しいシーンもありましたが焦ることなく内に切り替え、馬群を割って残り1ハロンで先頭に立つとそのまま後続を突き放して3馬身差で快勝しました。


父はマスタークラフツマン(Mastercraftsman)で現役時代はマイルを中心に短距離〜中距離をこなしG1を4勝。同馬の世代が初年度産駒です。
母のMarie Visonは短距離・マイルを中心に走ったもののリステッドレースで2着がある程度で目立った成績はなく、短距離で1勝しただけで引退しています。

この血統もありザグレイギャッツビー自身もこれまで短距離〜マイルを使われてきましたが、この2走で距離を伸ばして結果を出していることから中長距離路線を歩むことでしょう。
これからの成績次第では凱旋門賞にも出てくることになりそうで、今後のレースには要注目です。

投稿者 : べいぶさん

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ユーザー投稿コラムは、ユーザーが作成したコラム記事です。