スマートフォン版へ

SSSのトライアルは?

  • 2015年06月05日(金) 18時00分


◆海を越えての輸送はなかなか大変

 前回のこのコラムでも取り上げた、地方競馬の『ダービーウイーク』が、今日(6月5日)終了した。この原稿を書いている時点で最後の名古屋・東海ダービーの結果はわからないものの、ここまでの5戦では、人気馬が強い勝ち方をするか、そうでなければ波乱という極端な結果が目立った。

 佐賀、盛岡、園田は、いずれも単勝1倍台の断然人気馬が2着に決定的な差をつけての勝利。ところが、これも堅いと思われた北海優駿は、単勝1.1倍と圧倒的な支持を受けたオヤコダカがスタートで躓いてまさかの落馬。「競馬は何があるかわからない」という言葉をあらためて思い起こしたという人も多かったのではないか。一方で、東京ダービーは、9、6、10番人気馬での決着。小久保智厩舎のワンツー、的場文男騎手は東京ダービー2着9回目ということが話題となったが、長くなってしまうので、ここでは触れないでおく。

 さて、ダービーウイークが終了すると、地方競馬のシリーズ競走は『スーパースプリントシリーズ(SSS)』が始まる。全国4カ所で“トライアル”が行われ、その勝ち馬(川崎だけは2着馬も)は、“ファイナル”の習志野きらっとスプリントへの優先出走権が与えられる。

 それにしても

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

いざダービー&新馬スタート! 14日間無料キャンペーン中!

登録済みの方はこちらから ログイン

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

1964年生まれ。グリーンチャンネル『地・中・海ケイバモード』解説。NAR公式サイト『ウェブハロン』、『優駿』、『週刊競馬ブック』等で記事を執筆。ドバイ、ブリーダーズC、シンガポール、香港などの国際レースにも毎年足を運ぶ。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング