スマートフォン版へ

17年ぶり高知の2歳新馬戦

  • 2015年07月10日(金) 18時00分


◆またひとつ復活の象徴が

 高知競馬の復活については、このコラムでも何度か取り上げてきた。たとえば売上だけを見ても、2008年度には1日平均の売上で約4千万円までに落ち込んだものが、2014年度には約1億5千万円と劇的なまでの復活を遂げている。そして今週、またひとつ復活の象徴ともいえるニュースが、7月11日に2歳新馬戦が行われるということ。

 2歳新馬戦なんて競馬をやっていれば当たり前と思われるかもしれない。ところが高知競馬でサラブレッドの2歳新馬戦が行われるのは1998年8月12日以来、じつに17年ぶりのことだそうだ(アラブ系では2003年7月5日に行われている)。

 かつて地区同士の交流がほとんどなかった時代の地方競馬は、それぞれが独立した形で競馬が行われ、2歳戦から始まって、3歳になるとダービーに相当するレースがあってという、主催者ごとにレース体系がほぼ完結していた。ところが交流が進むとともに分業も進み、特に2歳戦は馬産地・北海道に一極集中したため、賞金が高くない地区には2歳馬がほとんど入厩しなくなってしまった。そもそも高知競馬は中央や南関東など賞金が高い競馬場の受け皿的なところがあり、バブル崩壊以降の売上減と賞金額の下落にともない、そうした傾向はますます強くなっていた。

 高知競馬のサラブレッドの2歳重賞として歴史を重ねてきた金の鞍賞も2002年度限りで休止となり、それが復活したのが、売上がようやく前年比でプラスに転じた2009年度のこと(2010年1月1日に行われたため明け3歳馬による重賞だったが)。

 とはいえ高知に入厩してくる2歳新馬はごくわずか

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

1964年生まれ。グリーンチャンネル『地・中・海ケイバモード』解説。NAR公式サイト『ウェブハロン』、『優駿』、『週刊競馬ブック』等で記事を執筆。ドバイ、ブリーダーズC、シンガポール、香港などの国際レースにも毎年足を運ぶ。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング