スマートフォン版へ

【クラブ・データ分析(2)】国枝厩舎所属馬、驚異の勝上り率100%/GIサラブレッドクラブ

  • 2015年08月05日(水) 11時59分
一口クラブ徹底攻略

▲所属馬初の重賞勝ち馬コレクターアイテム


各一口クラブを、様々なデータから徹底的に分析していくこのコラム。クラブの特色や強みはどこなのか、血統・価格・厩舎など、どんな条件が一番オイシイ“買い”ポイントなのか、じっくりと探っていきます。(文:大薮喬介)


社台グループが全面的な協力


 現6歳世代が最初の募集馬で、2009年の設立当初から「社台グループの全面的な協力」のもと運営されており、今年からは追分ファーム代表の吉田晴哉氏が代表取締役に、クラブ法人の株式会社G1レーシング代表には吉田正志氏がそれぞれ就任する新体制となった。

 募集口数は40口で、サンデーサラブレッドクラブや社台サラブレッドクラブと同じ。1口の価格は30〜200万円で、ディープインパクトやキングカメハメハ産駒など良血馬がズラリ。一般会費も、社台系の中ではもっとも安い月額1620円というのも魅力だ。当然のことながら、人気の募集馬はすぐに満口になるが、それでもサンデーTCや社台TCよりは当たりやすいはず。

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

一口馬主に強いnetkeibaのライター陣が、使える情報を続々発信。データ分析や各クラブの最新情報、一口馬主での成功談&失敗談まで、一口馬主ライフが楽しくなる情報満載!

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング