スマートフォン版へ

高知から移籍、新たな舞台へ

  • 2015年08月07日(金) 18時00分


◆「園田競馬を盛り上げていけるような馬を育てられれば」

 8月1日付けで調教師免許を受けた、兵庫の新・調教師3名を紹介する2人目は、北野真弘調教師。ほかの2人が、所属していた競馬場が廃止されたことによっての移籍だったのに対して、北野さんは高知からの移籍。2003年1月4日が高知所属としての最後の騎乗で、2004年9月29日付けで兵庫所属として騎手免許を再取得した。

 北野さんは1992年から2001年まで10年連続で年間100勝超を達成し、そのうち1992〜94、96、97、99〜2001年には高知リーディングを獲得。移籍を決めたのは高知での絶頂期だ。しかしこの頃、高知ではリーディング上位騎手の何人かが他地区に移籍している。高知では馬券の売上が落ち込み続けていた時期で、このあと2008年度に1日平均の売上が約4千万円となって底を打つまで落ち込み続けることになる。若い騎手ならともかく、家族のことなどを考えたときに、北野さんだけでなく、移籍は止むに止まれぬ事情での決断だったようだ。

 移籍した兵庫では、2008年に一度だけ、年間ちょうど100勝を挙げている(兵庫リーディング6位)。

「高知では怪我したことなかったんやけど、こっちに来てから怪我が多かったんでね。4回くらい、続けざまに。ただそれ以外は順調にやってきました。まあまあ楽しくやらせてもらったと思います」

 調教師への転身は、2つの思いが重なってのこと。

「高知にいるときも、園田に来てからも

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

いざダービー&新馬スタート! 14日間無料キャンペーン中!

登録済みの方はこちらから ログイン

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

1964年生まれ。グリーンチャンネル『地・中・海ケイバモード』解説。NAR公式サイト『ウェブハロン』、『優駿』、『週刊競馬ブック』等で記事を執筆。ドバイ、ブリーダーズC、シンガポール、香港などの国際レースにも毎年足を運ぶ。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング