スマートフォン版へ

【クラブ・データ分析(17)】世界一のスプリンター!ロードカナロアを輩出/ロードサラブレッドオーナーズ

  • 2015年08月12日(水) 17時59分
一口クラブ徹底攻略

▲ロードカナロアの総獲得賞金はクラブの歴代1位の9億4092万円 撮影:高橋正和


各一口クラブを、様々なデータから徹底的に分析していくこのコラム。クラブの特色や強みはどこなのか、血統・価格・厩舎など、どんな条件が一番オイシイ“買い”ポイントなのか、じっくりと探っていきます。(文:大薮喬介)


ケイアイファーム生産馬が圧倒的


 ロードサラブレッドオーナーズといえば、牡馬が「ロード」、牝馬が「レディ」の冠名でおなじみ(現在は牝馬に「レディ」をつけていない)。同クラブのGI初制覇は、2001年にレディパステルが優勝したオークス。同馬はその後も秋華賞3着、翌年のエリザベス女王杯3着、2003年の府中牝馬Sを優勝するなど、牝馬戦線で活躍した。ところが、同馬の府中牝馬Sを最後にロードTOの平地重賞はずっと遠ざかっていた。

 そして、2011年。レディアルバローザが中山牝馬Sを優勝し、同クラブにとって久々の重賞ウイナーが誕生した。さらに、同年11月にはロードカナロアが京阪杯を制覇し、ここから、ロードカナロアの快進撃が始まる。8戦6勝2着2回という連対率パーフェクトで挑んだ2012年の高松宮記念は3着に惜敗したが、秋のスプリンターズSではコースレコードでGI初V。さらに暮れの香港スプリントで、日本調教馬として初の優勝を達成した。

 翌年も勢いは止まらず、高松宮記念を制して前年3着のリベンジ。さらにマイルの安田記念、秋のスプリンターズSを優勝した。圧巻だったのは、引退レースの香港スプリント。2着に5馬身差もつける圧勝劇で、見事2連覇を達成した。通算成績19戦13勝で、総獲得賞金9億4092万円は当然、同クラブの歴代1位だ。一口の価格が5万2500円だったので、回収率は3500%超。出資された方はさぞかし懐が潤ったことだろう。

 毎年25頭前後の募集馬を出しており、

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

一口馬主に強いnetkeibaのライター陣が、使える情報を続々発信。データ分析や各クラブの最新情報、一口馬主での成功談&失敗談まで、一口馬主ライフが楽しくなる情報満載!

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング