スマートフォン版へ

【オススメの競馬書籍(1)】井内利彰さんの推薦『競走馬の科学』

  • 2015年10月05日(月) 12時00分
オススメの競馬書籍

▲井内利彰さんの推薦は『競走馬の科学』


netkeibaの人気コラムニストたちが、競馬ビギナーさんに「ぜひ読んでもらいたい!」という競馬書籍を紹介するこの企画。トップバッターは「調教Gメン研究所」などを執筆している調教捜査官・井内利彰さんです。

サラブレッドを知るための必読書


 競馬初心者におすすめしたい書籍ということで、真っ先に思い浮かんだのは拙著ですが(笑)、それでは調教に偏った内容になってしまうし、かなり頭を悩ませました。

 初心者の方に競馬を長く続けてもらうために何が必要か。これはJRA主催の競馬教室「REXS」で講師をしたり、netkeibaの「ケイバ白熱教室」で講義をして、初心者の方と向き合うことが多い立場として、常に考えていることです。

 興味を持つにあたって、最も瞬発力があるのは「馬券を当てる」という行為でしょう。ただ、その場合は「外れが続く」と興味が遠く、競馬をやめたくなるというデメリットもあります。ですから、競馬の主役である『サラブレッド』のことを知ってもらうことで、競馬に末永く興味を持っていただく。これが一番ではないかと思い、本書を紹介させてもらいました。

 競走馬の研究データに基づいて語られていく内容は本当に難しくて、とても初心者向きとは言えません。ただ、競馬場に足を運んでいただき、パドックやレースで走る姿を見てもらってから、この本を読むとちょっとだけ「なるほどね」なんて納得できたりすると思います。

 そんなサラブレッドの知識が入った上で、再び競馬場へ行くと、もう馬を見ずにはいられません。というか、毎週のように競馬場へ足を運びたくなるはずです。この本をきっかけに、自分なりの馬の見方も覚えることができますし、とにかく馬のファンになりたい方には絶対オススメの一冊です。


■タイトル:競走馬の科学 ―速い馬とはこういう馬だ
■著者:JRA競走馬総合研究所
■出版社:講談社
■発行日:2006年4月21日
■価格:864円(税込)
■ご購入は:AMAZON(別サイトへ移動します)へ。

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

netkeibaが誇る講師陣が、競馬ビギナーさん向けに競馬の楽しみ方をレクチャー。もちろん、ベテランさんだって楽しめる内容となっています!

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング