スマートフォン版へ

ダート短距離路線の苦悩

  • 2015年10月02日(金) 18時00分


◆もう少し出走しやすいレースがあっていいのではないか

 9月30日に行われた東京盃は、『交流重賞回顧』のコラムにも書いたとおり、ダノンレジェンドが盤石の競馬で完勝。これで本番のJBCスプリントを断然人気で迎えることになりそうだ。

 そして驚いたのが、2着のドリームバレンチノ。人気3頭での決着になるかに思えたところ、コーリンベリー、シゲルカガを並ぶ間もなく交わし去ってという、この馬の上り3Fは35秒7。ここ3戦の凡走を払拭する走りを見せた。

 1400m以下を得意とするダート短距離馬の大目標はJBCスプリントだが、実際にそれを勝ってしまうと、その後には試練が待っている。

 中央・地方を通じて古馬のダート1400m以下の重賞では、GI(GにはJpnも含む、以下同)はJBCスプリントが唯一、GIIも東京盃とさきたま杯の2レースしかない。GIIIでは実績馬に厳しい負担重量を課されるレースがほとんどで、ダート短距離路線のGI馬のその後は、常に斤量との戦いを強いられることになる。特に地方のGIIIでは、GI勝ち馬には5kg増という極端な別定重量が設定されているレースもある。

 近年のJBCスプリントの勝ち馬を見ると

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

1964年生まれ。グリーンチャンネル『地・中・海ケイバモード』解説。NAR公式サイト『ウェブハロン』、『優駿』、『週刊競馬ブック』等で記事を執筆。ドバイ、ブリーダーズC、シンガポール、香港などの国際レースにも毎年足を運ぶ。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング