Beginner's room/netkeiba講師陣

【オススメの競馬書籍(4)】須田鷹雄さんの推薦『競馬への望郷』

2015年10月26日(月)12時00分

注目数:21人
オススメの競馬書籍

▲須田鷹雄さんの推薦は『競馬への望郷』


netkeibaの人気コラムニストたちが、競馬ビギナーさんに「ぜひ読んでもらいたい!」という競馬書籍を紹介するこの企画。4人目の登場は「回収率向上大作戦」「1年遅れのバカ当たり」などでお馴染みの須田鷹雄さんです。


君は競馬を語るだけの自我を持っているか



寺山修司の著作から、一冊だけを選ぶのは難しい。今回は「ファンの世界」「競走馬」「騎手」と描く対象が多岐にわたっているということで『競馬への望郷』を選んだ。

 昭和の競馬ファンは、多くが寺山修司に憧れたものだった。表現手法を真似してみたり、登場人物になったつもりで馬券を買い、なにかを呟いてみたり……。

 しかしいま改めて読んだとき、安易なエピゴーネンになるだけではいけなかったのだということに気付かされる。

 感じるのは「揺るぐことのない寺山修司の視点」ということだ。騎手やスターホースが対象でも媚びることや持ち上げることはなく、ファンや名もなき馬の世界を描き、あるいは創作するときに見下すこともない。反対に、斜に構えて前者をくさしたり、後者に過剰な愛や同情を寄せることもない。

 すべての基準は、寺山からどう見え、彼がどう感じたかということだ。それは動じない価値観を持たなければできないことである。

 自分は己の目で競馬を見る力を持っているか。競馬を語るだけの自我を持っているか。そう自問せざるをえないほど、寺山の視点は揺るがず競馬を見つめている。


■タイトル:競馬への望郷
■著者:寺山修司
■出版社:角川文庫
■発行日:1992年3月
■価格:絶版(中古あり)
■ご購入は:AMAZON(別サイトへ移動します)へ。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コラムニストプロフィール

netkeiba講師陣
netkeiba講師陣
netkeibaが誇る講師陣が、競馬ビギナーさん向けに競馬の楽しみ方をレクチャー。もちろん、ベテランさんだって楽しめる内容となっています!