スマートフォン版へ

大井の新スタンド『G-FRONT』

  • 2015年10月23日(金) 18時00分


充実した施設や最新の設備が満載

 いよいよ大井開催のJBCが近づき、それに先立ち、11月1日にオープンする新スタンド『G-FRONT』の落成披露式が21日に行われ、関係者に公開された。

 実は10月12〜16日の大井開催では、G-FRONTの工事用の囲いが取り払われていて外見だけは見ることができたのだが、そのときの正直な感想が、「えっ?ただの箱」というものだった。6階建てで近代的なつくりのL-WINGと並んでいるため、3階建てでほぼ直方体のG-FRONTは、なお一層そういう印象を受けた。

地方競馬に吠える

L-WING(奥)に比べると外見は地味な印象のG-FRONT(手前)


 ところが、中を案内されて、びっくり。充実した施設や最新の設備が満載だった。

 1階は、カレーやさん、うどんやさん、丼ものやさんが入っているフードコートで、これはまあ普通。JRAの競馬場のフードコートをこぢんまりとした感じだ。

 2階は「ヴィクトリーシート」と呼ばれる2人がけの指定席で、これもまあ普通。1000円で1日座って競馬が見られると思えばお得だ。専用のモニターなどはないが、外のビジョンがよく見えるし、天井にも十分なだけのモニターが設置されている。

 2階で驚いたのは

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

1964年生まれ。グリーンチャンネル『地・中・海ケイバモード』解説。NAR公式サイト『ウェブハロン』、『優駿』、『週刊競馬ブック』等で記事を執筆。ドバイ、ブリーダーズC、シンガポール、香港などの国際レースにも毎年足を運ぶ。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング