スマートフォン版へ

馬券の特売キャンペーン

  • 2015年11月27日(金) 18時00分


◆増額分より、むしろ気分的なことのほうが重要

 中央では今週末のジャパンCが終わって中山開催となると、一気に年末の雰囲気。個人的には、JBCが終わってホッカイドウ競馬のシーズンが終了すると「ああ、今年も終わりか」という気分になるのが毎年のこと。

 そんななか、TCK大井競馬場の年末開催のリリースにあったのが、『年忘れ☆ウマ福トリプルセブンキャンペーン』。12月28〜31日の4日間、最終レースの馬複の払戻率を通常の75.0%から77.7%に引き上げるというもので、昨年末に続いての実施となる(昨年は29〜31日の3日間)。

 2012年の競馬法改正によって、現在では主催者の裁量で70〜80%の範囲で馬券の種類ごとに払戻率を決められるようになった。しかし地方競馬では、こうした特定の日や特定のレースで払戻率をアップさせるようなキャンペーンがイマイチ少ないように思う。

 ちなみに現在の地方競馬の払戻率は、馬券の種類によって主催者ごとに若干異なるものの、おおむね単勝・複勝が80%、枠複・枠単・馬複・馬単・ワイドが75%、3連複・3連単が72.5%、ネット発売のみの5重勝・7重勝が70%となっている。

 例外的に異なるのは

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

1964年生まれ。グリーンチャンネル『地・中・海ケイバモード』解説。NAR公式サイト『ウェブハロン』、『優駿』、『週刊競馬ブック』等で記事を執筆。ドバイ、ブリーダーズC、シンガポール、香港などの国際レースにも毎年足を運ぶ。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング