スマートフォン版へ

【ユーザー質問】祐言実行Q&A〜メンタル編「モチベーションの高さの理由は?」

  • 2015年12月01日(火) 18時01分
祐言実行

▲大好評のユーザー質問、今週はメンタル編(1)


Q.福永さんの「自分自身の成長を実感すればするほど、先人たちの背中が遠のく」というようなコメントを拝見したのですが、そこから這い上がる気力、モチベーションの高さの一番の理由は何ですか? そしてその目指す場所は?


A.親父の勝ち星を超えたときに、「近づけば近づくほど、その背中が遠のく感じがする」とコメントした気がするので、そのことかな?

 先人たちというより、あくまで親父についてだけど、エージェントもいない、自厩舎の馬には所属の騎手が乗るのが当たり前だったあの時代に、いろんな厩舎の馬に乗って、勝ち星はもちろん、勝率・連対率・複勝率でも恐ろしい数字を残していた。あの時代において、数字と結果、人に与える印象も含め、今もなお語り継がれるような強烈なパフォーマンスを残したのは、本当にすごいことだと思うし、到底、真似のできるものではないと思っている。

 以前、このコラムで親父の乗り方を解析したことがあるが、最近、

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

質問募集
祐言実行 / 福永祐一
このコラムでは、ユーザーからの質問を募集しております。あなたから
コラムニストへの「ぜひ聞きたい!」という質問をお待ちしております。
質問フォームへ
祐言実行とは
2013年にJRA賞最多勝利騎手に輝き、日本競馬界を牽引する福永祐一。まだまだ戦の途中ではあるが、有言実行を体現してきた彼には語り継ぐべきことがある。ジョッキー目線のレース回顧『ユーイチの眼』や『今月の喜怒哀楽』『ユーザー質問』など、盛りだくさんの内容をお届け。

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

1976年12月9日、滋賀県生まれ。1996年に北橋修二厩舎からデビュー。初日に2連勝を飾り、JRA賞最多勝利新人騎手に輝く。1999年、プリモディーネの桜花賞でGI初勝利。2005年、シーザリオで日米オークス優勝。2013年、JRA賞最多勝利騎手、最多賞金獲得騎手、初代MVJを獲得。2014年のドバイDFをジャスタウェイで優勝。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング