スマートフォン版へ

短距離路線の充実

  • 2016年03月04日(金) 18時00分


◆SSS、時期的なことは再検討されても

 前回のこのコラムでは、2016年度の岩手のグレード制導入とホッカイドウ競馬の3歳三冠ボーナスについて取り上げた。その中でも触れたとおり、岩手の重賞は昨年度までの開催時期や賞金額にほとんど変更がないままグレードが設定されたわけだが、ひとつ微妙に変更があったのは、6月上旬に行われている早池峰(はやちね)賞が、時期はそのまま『早池峰スーパースプリント』と名称が変更となり(今年は6月5日)、回次も第1回にリセットされたこと。そして距離も1200mから1000mに短縮、1着賞金も昨年までの150万円から250万円に増額され、岩手グレードではM2に格付けされた。

 まだ正式な発表はないが、どうやらこの早池峰スーパースプリントは、スーパースプリントシリーズ(SSS)に組み込まれるようだ。レース名がズバリそのものだし、シリーズの条件である「1000m以下のワンターン」というのも当てはまる。また南関東からリリースされた重賞一覧でも、船橋・習志野きらっとスプリント(7月20日)の「優先して出走できる馬」に、「早池峰スーパースプリント1着馬」と明記されていたので間違いないだろう。

 昨年6月5日付のこのコラムではSSSについて取り上げ、「トライアルが全国で4レースしか行われないのは少ない」「岩手所属馬はトライアルを使おうと思えば門別(グランシャリオ門別スプリント)まで遠征しなければならず、実際にこれまで1頭も遠征がない」というようなことを書いたが、それが大きく改善されたことになる

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

1964年生まれ。グリーンチャンネル『地・中・海ケイバモード』解説。NAR公式サイト『ウェブハロン』、『優駿』、『週刊競馬ブック』等で記事を執筆。ドバイ、ブリーダーズC、シンガポール、香港などの国際レースにも毎年足を運ぶ。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング