スマートフォン版へ

北関東の絆

  • 2016年03月18日(金) 18時00分


 16日に大井で行われた京浜盃を勝ったのは、浦和のタービランス。2歳時にはホッカイドウ競馬でもっとも注目されたうちの1頭で、転入初戦の浦和・ニューイヤーCでは惜しくも2着だったが、移籍後2戦目での勝利となった。南関東三冠へ向けての最重要ステップレースだけに、羽田盃から東京ダービーでは期待を集めることになりそうだ。

 そしてタービランスの鞍上、森泰斗騎手は、表彰式のインタビューの最後で、「昔からの先輩である水野さんの馬で勝てたのが一番嬉しいです」と締めた。

 森騎手は、もともと北関東の足利・宇都宮競馬の所属。廃止後に船橋に移籍し、当初はなかなか勝てない時期もあったが、ついに昨年南関東のリーディングにまで昇り詰めた。

 “水野さん”とは、タービランスを管理する水野貴史調教師。北関東の高崎競馬でトップジョッキーとして活躍し、廃止後に浦和に移籍。2013年から調教師となり、これが調教師としての重賞初制覇だった。

 移籍後の南関東ではそれぞれに苦労があり、北関東の競馬がすべて廃止になってから10年以上が経ち、こうして激戦区の南関東で一緒になって結果を残したということでは、思うところがあったのだろう。北関東の現役時代を知る我々にとっても、見ていて感慨深いシーンだった。

地方競馬に吠える

森泰斗騎手と水野貴史調教師。元北関東コンビで京浜盃制覇


 そしてもうひとつ、近年、南関東で注目されているのが、浦和所属馬の活躍だ

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

1964年生まれ。グリーンチャンネル『地・中・海ケイバモード』解説。NAR公式サイト『ウェブハロン』、『優駿』、『週刊競馬ブック』等で記事を執筆。ドバイ、ブリーダーズC、シンガポール、香港などの国際レースにも毎年足を運ぶ。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング