スマートフォン版へ

ドバイで“ダービー”制覇! 武豊騎手と松永幹夫調教師に突撃!

  • 2016年04月05日(火) 18時00分
競馬の職人

豊さんとUAEダービーのゴール前写真と一緒に



トレセンへ取材に行くと豊さんがでっかい紙袋を持っていたので…



 あっちこっちの競馬場の桜が満開でおだやかな季節になってきましたねー。競馬の世界ではGI高松宮記念があり、そして今週は桜花賞が始まり8週間も熱い戦いに運気上昇中。

 3月26日に行われたドバイワールドカップデーの興奮もまだ冷めないですよね。今年は史上初がいっぱいでした。日本馬が10頭もチャーター便でドバイへ乗り込む。そしてUAEダービー(ダ1900m)でラニが見事に日本馬として初制覇!! ドバイターフ(芝1800m)ではリアルスティールが異国の地でGI初勝利。すごい快挙ですよね。

 ドバイシーマクラシックでは負けましたが日本馬が大健闘してくれました。日本馬の強さを世界に認めてもらえる日が来たんだなーと感じました。うれしいです。

 3月30日(水)トレセンへ取材に行くと豊さんがでっかい紙袋を持っていたので中身をお聞きするとドバイでの写真でした。

常石 もう出来上がったんですか? 豊さん、見せてもらってもいいですか?

 あーいいよ。

常石 うわー、かっこいいですね。是非写真撮らせてください。鈴木淑子さんも一緒に入ってください。

競馬の職人

豊さんと淑子さんとゴール前写真を記念撮影



鈴木 いいのー、うれしいわ! 先におめでとうって言わなきゃね。「豊さんおめでとうございます」

 ありがとうございます。やっぱりうれしいですね。

常石 僕も一緒にいいですか?

 じゃあ(写真)持ってもらうかな(笑)

常石 僕もドバイへ行った気分をほんの少し味わうことできるかな? 感激です。ありがとうございます。レースを少し振り返ってください。

 今年は10頭も挑戦することができ、日本の競馬も力がついてきたと思います。そして勝てるなーと手応えのある馬もいたので楽しみがいっぱいでした。

常石 レース前の新聞の記事では「ラニで勝つ」と書かれていましたがそれだけ手ごたえがよかったんですか?

 沈む馬場より硬い馬場のほうが合うと思っていましたし、いいキャンターができ気合が入っている感じがしました。持っている潜在能力は相当高いと思うよ。

常石 スタート直後ちょっと躓き思わず「あっ」と声を出してしまいましたがやっぱり豊さんですね。あれをうまく捌いての勝利はラニにとっても大きな収穫だと思いました。

 ヒヤッとさせてしまったね。スタートでつまずきびっくりしましたが、ある程度予想していたことなので大丈夫でした。レースは、ペースの落ち着いたところでポジションを上げていきあとはしっかり走ってくれましたね。大跳びで走る馬で速い脚はないけれど、スタミナがありタフな馬なのでその長所を生かして少し早目にしかけて行きました。見事にこたえてくれましたね。これで僕もドバイでのダービージョッキーになれましたがやはりうれしいですね。どこの国でもダービージョッキーになりたいですね(笑)

常石 日本ダービーをいくつ勝ってるんですか?

 サアー、いくつかなー? つねちゃんの記憶を思い出してください(爆笑)

常石 スペシャルウィークとディープインパクトとアドマイヤベガとタニノギムレット、それから・・・

 大事な馬忘れてるでー。

常石 あっそうかキズナや(爆笑)。5勝ですか。すごすぎますよ。

鈴木 すごいですね。さすが豊さんだと安心して見ることができました。今日はお会いできて写真も撮っていただき幸せ気分です。次はケンタッキーダービーでしょう。夢が広がりますね。いつ行かれるんですか?

 5月7日だったかな? 馬はドバイから直接ケンタッキーへ向かう予定だと聞いています。

常石 さっき幹夫先生にお聞きしたら31日に出発と言っていました。オーナーさんもこのレースを勝つのが夢だといっていましたね。また楽しみにしています。その時は取材もお願いします。ありがとうございました。

競馬の職人

豊さんと淑子さんとスリーショット?



★松永幹夫調教師にもお聞きしました。

常石 ドバイUAEダービー(ダ1900m)でのラニ、優勝おめでとうございます。スタート直後につまずきヒヤッとしましたね。

競馬の職人

UAEダービーを制したラニ(撮影:高橋 正和)



松永 豊騎手がうまく捌いてくれましたね。3コーナーから4コーナーで一気に上がり、4コーナーでは先頭が射程圏内に入っていたのでもう大丈夫だと思いました。

常石 ドバイ挑戦は何回目ですか?

松永 2回目です。

常石 レース途中からユウチェンジが先頭に立ちそのまま押し切ってしまうのかと思いましたが残り200mあたりから手応えがなくなりラニがしぶとく食い下がってきましたね。

松永 あまり速い脚はないがスタミナがあるのでしっかり走ってくれましたね。ドバイではあまり人気がなかったのでみんなびっくりしていましたね。

常石 でも豊さんはこれで勝つといっていましたしね。きっと手ごたえを感じていたんだと思います。ダートはスタミナが大事ですよね。

松永 豊騎手の感触は確かだからね。だから安心して任せました。

常石 これでケンタッキーダービー出走への権利ができたんですね。一度日本に帰ってくるんですか?

松永 検疫などがあり手続きが大変なので直接アメリカへ行きます。レース間隔が1か月くらいだからね。

常石 楽しみですね。ラニのオーナー前田幸治氏もすごい方ですよね。ダービー馬ワンアンドオンリーとキズナそしてラニ(馬主名義は奥様)とオーナー冥利に尽きるでしょうね。

松永 いつもお世話になるオーナーにもう一つ名誉をプレゼントしたいです。世界のダービー馬になってくれるように頑張ってきます。応援してくださいね。

常石 もちろんです。楽しみにしています。ケンタッキーから帰ってきたらまた取材お願いします。

松永 いい取材してもらえるように頑張らなくちゃね(笑)

常石 ありがとうございました。

***

 いつも忙しくされている幹夫先生ですが突然の取材に快くこたえていただき感謝しています。もう一頭ドバイで勝利を挙げたリアルスティールの話もお聞きしていますので次回をお楽しみください。つねかつこと常石勝義でした。

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

常石勝義
1977年8月2日生まれ、大阪府出身。96年3月にJRAで騎手デビュー。「花の12期生」福永祐一、和田竜二らが同期。同月10日タニノレセプションで初勝利を挙げ、デビュー5か月で12勝をマーク。しかし同年8月の落馬事故で意識不明に。その後奇跡的な回復で復帰し、03年には中山GJでGI制覇(ビッグテースト)。 04年8月28日の豊国JS(小倉)で再び落馬。復帰を目指してリハビリを行っていたが、07年2月28日付で引退。現在は栗東トレセンを中心に取材活動を行っているほか、えふえむ草津(785MHz)の『常石勝義のお馬塾』(毎週金曜日17:30〜)に出演中。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング