スマートフォン版へ

【ユーイチの眼】『藤田菜七子騎手 面白いジョッキーに育つ可能性十分』

  • 2016年04月05日(火) 18時01分
祐言実行

▲一躍時の人となった藤田菜七子騎手、自身のデビュー時と重なる部分も


自分を見失わないよう、一歩ずつ


 3月24日、藤田菜七子騎手が浦和競馬で初勝利を挙げた。日を追うごとに報道が過熱していた時期だっただけに、本人もさぞかしホッとしたことだろう。

 先日(3月15日)、高知競馬で一緒になり、少しだけだが初めて話をした。彼女の口から突いて出るのは、「頑張らなくちゃ」「私が頑張れば…」といった言葉ばかり。彼女ほどではないが、自分もデビュー時には話題が先行し、「注目されているうちに勝たなくては…」というプレッシャーがあっただけに、今の彼女の気持ちはよくわかる。思えば、デビューして5年くらいは、「勝たなければ…」という焦りにも似た気持ちに追われて、心が休まる日が一日もなかった。

 彼女との状況の違いは、自分の場合、北橋先生が競馬以外の取材をすべてシャットアウトしてくれたこと。当時はジョッキーがテレビに出たりすることを良しとしない時代だったこともあり、「祐一が自分を見失わないように」「祐一が周りから誤解されないように」という措置だったのだと思う。

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

質問募集
祐言実行 / 福永祐一
このコラムでは、ユーザーからの質問を募集しております。あなたから
コラムニストへの「ぜひ聞きたい!」という質問をお待ちしております。
質問フォームへ
祐言実行とは
2013年にJRA賞最多勝利騎手に輝き、日本競馬界を牽引する福永祐一。まだまだ戦の途中ではあるが、有言実行を体現してきた彼には語り継ぐべきことがある。ジョッキー目線のレース回顧『ユーイチの眼』や『今月の喜怒哀楽』『ユーザー質問』など、盛りだくさんの内容をお届け。

1976年12月9日、滋賀県生まれ。1996年に北橋修二厩舎からデビュー。初日に2連勝を飾り、JRA賞最多勝利新人騎手に輝く。1999年、プリモディーネの桜花賞でGI初勝利。2005年、シーザリオで日米オークス優勝。2013年、JRA賞最多勝利騎手、最多賞金獲得騎手、初代MVJを獲得。2014年のドバイDFをジャスタウェイで優勝。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング