スマートフォン版へ

ダート種牡馬の活躍

  • 2016年04月29日(金) 18時00分


◆新種牡馬の産駒が7戦のうち4勝

 地方競馬では、4月20日のホッカイドウ競馬から今年も2歳戦がスタート。昨年から南関東でも2歳戦の開始が早まり、大井、浦和でもすでに2歳新馬戦が行われている。

 日本で最初に行われた2歳新馬戦、門別のJRA認定スーパーフレッシュチャレンジは、1年前と同様、2歳戦で際立った活躍を見せる角川秀樹厩舎と田中淳司厩舎の一騎打ち。昨年は田中厩舎のプレイザゲームがハナ差で競り勝ったが、今年は角川厩舎のバンドオンザランが、田中厩舎のタイセイプロスパーを3/4馬身差でしりぞけた。新種牡馬、スズカコーズウェイの産駒が今年最初の2歳新馬勝ちとなった。

 今週までに地方競馬(ばんえいは除く)で行われた2歳新馬戦の、勝ち馬(厩舎)/父馬名は、以下のとおり。

 4/20門別 バンドオンザラン(角川)/スズカコーズウェイ
 4/22大井 ミサイルマン(森下)/カネヒキリ
 4/27門別 ラブミーファルコン(角川)/スマートファルコン
 4/28門別 コパノアーデン(田中淳)/スウェプトオーヴァーボード
 4/28門別 リシュリュー(角川)/トビーズコーナー
 4/28浦和 シェナトウコン(冨田敏)/スマートファルコン
 4/28浦和 ミリオンゴッド(小久保)/トーホウエンペラー

 まだわずか7戦ではあるが、様々な傾向が読み取れて興味深い

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

1964年生まれ。グリーンチャンネル『地・中・海ケイバモード』解説。NAR公式サイト『ウェブハロン』、『優駿』、『週刊競馬ブック』等で記事を執筆。ドバイ、ブリーダーズC、シンガポール、香港などの国際レースにも毎年足を運ぶ。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング