スマートフォン版へ

“牝馬はなぜ強くなったのか?”を語ろう!/ウオッカ編【角居勝彦×鈴木淑子】

  • 2016年05月11日(水) 12時02分
前回、取り上げた97年の天皇賞馬・エアグルーヴから10年、64年振りに牝馬で日本ダービーを制したウオッカ。自他ともに認める“牝馬好き”鈴木淑子が、同馬を管理した角居勝彦調教師を直撃。角居師が考える「牝馬躍進の要因」に迫った。
構成:中山靖大


対談


真夏なみの暑さが、64年振りの快挙の要因!?



鈴木淑子(以下:淑子) 「牝馬がなぜ強くなったのか」を考える上で、64年振りの牝馬のダービー馬であるウオッカを取り上げないわけにはいきません。まさに歴史的なダービーとなりましたが、一生に一度の大舞台、牡馬を相手に、彼女はなぜ鮮やかな勝利を飾れたのでしょうか。

角居勝彦(以下:角居) 理由のひとつに、天候面の助けはあったかもしれません。あの日はとても暑くて、牡馬はダラダラと汗をかいて、どの馬もちょっと元気なさそうに見えたのですが、ウオッカはそんなこともなく、むしろやる気に満ちていましたから。

ウオッカ

▼上り3ハロンは33秒0。豪快な末脚で牡馬を従えた(撮影:下野雄規)


淑子 パドックでもウオッカは、胸をはって、一番堂々としているように見えました。それにしても、2007年の5月27日は最高気温が30度近く、まさに夏日でしたものね。「夏は牝馬を買え」という競馬の格言がありますものね。でも、それだけではありませんよね。

角居 あとは、あの日の馬場が硬めだったので、彼女の切れ味がじゅうぶんに生きる馬場状態だったということも挙げられますね。お母さん譲りのスプリント能力を、どんな距離でも発揮できるのが彼女の武器でしたから。

淑子 本当に素晴らしい末脚を持った馬でしたが、ほかに、ウオッカが牡馬をしのぐ活躍をみせた要因にはどんなところが挙げられますか?

ウオッカ

▼「本当に勝気な馬だった」と角居師は当時を振り返る(撮影:下野雄規)


角居 気の強さですね。本当に勝ち気な馬で、調教でハードワークをしたあとでもヤンチャをしたり、担当の厩務員は何度も蹴られたりで大変だったみたいです。でも、牡馬を相手にあれだけ激しいレースを繰り広げて、しかも結果を出せるというのは、そういう負けん気の強さがないと難しいでしょうね。

淑子 エアグルーヴについて笹田調教師にお話をうかがったときも、精神力を「強い牝馬の条件」に挙げられていました。

角居 私も、活躍する牝馬というのは、どの馬も精神的に強いと思います。レースはもちろん、追い切りでもほかの馬以上に走るぶん、必ずどこか痛いところが出てきていると思うんですよ。それでも強いメンタルでカバーして、結果を出す。

牝馬には「心を壊さない」調教が大事



淑子 ひょっとすると、もともと精神力という意味では、牡馬よりも牝馬のほうが優れているということはありませんか。

角居 そうですね、たとえば敗戦からの立ち直りも

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

有名予想家・ライターによるGIスペシャルコラムや、有力馬密着レポート、1週前からの調教レポートなど、GIレースの攻略情報をどこよりも詳しく、より濃密にお届けします。公開はプレミアムサービス限定となります。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング