スマートフォン版へ

【名障害馬の引退】ルールプロスパーへ 関係者からのはなむけの言葉(後半)

  • 2016年06月07日(火) 18時00分
9年連続JRA勝利を挙げ、連続勝利年数の最長記録を樹立、また京都ハイジャンプを連覇(2014、2015年)したルールプロスパーが、6月2日付けで引退した。2011年に障害入りをしてから彼の馬房には千羽鶴が飾られていた。今年満90歳を迎えた馬主の儀賀好子オーナーが一羽一羽、無事完走を祈り折ったものだ。約8年半の競走生活は、担当調教助手に涙の初勝利をもたらし、馬主と厩舎は初重賞制覇の喜びを味わった。馬主、調教師、生産牧場、担当調教助手、騎手…たくさんの愛の中心にいたルールプロスパーの長い長い競走馬生活を、関係者の声と共に振り返る。(取材・文:大恵陽子)


(前半のつづき)

限界なんじゃないか、という状態の時もあった


 2014年秋は関係者が懸命のケアを施すも、一進一退の状態を繰り返した。それでも生まれながらの生命力の強さか、あるいは京都がよっぽど好きなのか、翌春には回復し、京都ハイジャンプに出走。オーナー一家の地元で連覇を達成した。

ノンフィクションファイル

▲2015年の京都HJで連覇達成 この勝利に北出師は感極まった(C)netkeiba.com


 北出師は感極まった。

「脚元が限界なんじゃないか、という状態の時もあったりしました。それでもオーナーが何も言わず私たちに任せてくださいました。レース前は『そろそろ引退も考えないといけないかな』と思っていましたが、本当にすごい馬です。なんだか泣いたり喜んだり、疲れちゃいました(苦笑)」

 翌日に厩舎初の日本ダービー出走を控えた中、アサカディフィートの記録を抜いて9年連続JRA勝利を成し遂げた。

 その後、不思議とルールプロスパーの脚元の状態は良くなっていく。

 ルールプロスパーの話題になる度、北出師は「山本昌みたいに若さがある」「加山雄三のようにいぶし銀の雰囲気が出てきた」と、年齢を重ねても一線級で活躍するスターの名前を出しながら状態の良さを語った。

 一方で、いぶし銀のジャンパーはゴネるということを覚え始めた。

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

netkeiba豪華ライター陣による本格的読み物コーナー。“競馬”が映し出す真の世界に触れてください。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング