スマートフォン版へ

【ユーザー質問】祐言実行Q&A『“ライバル”岩田康誠と“戦友”戸崎圭太』

  • 2016年06月14日(火) 18時01分
祐言実行

▲今回は岩田康誠騎手、戸崎圭太騎手に関する質問にお答えします


自分は岩田康誠という人間が好きだ


Q. 昨秋から岩田騎手がスランプに陥っているように見えますが、福永騎手の目にはどう映っていますか? やはり心配でしょうか? また、お二人のあいだで何かやり取りがあったりするのですか?

A. 去年の秋から冬にかけて、「岩田くん、大丈夫かな?」と思った時期は確かにあった。それもあって、岩田くんとは自分の休養中に少し話をした。

 以前、ここにも書いたと思うが、やはりルメールとミルコの存在が、自分にとって知らず知らずのあいだにストレスになっていた時期があった。存在そのものというより、彼らが移籍してきて以降、比較され続けることに疲れていたといったほうが正しいかもしれない。自分はそのことに休養して初めて気づいたのだが、必然的に比較対象となるリーディング上位のジョッキーは、少なからずみんな感じていたように思う。

 かつて自分がパッとしなかったときに、「祐一くん、そんな気持ちじゃダメや!」と発破をかけ続けてくれたのが岩田くん。自分には今でも岩田くんにここまで引っ張ってきてもらったという思いがあるから、もし岩田くんが悩んだり迷ったりすることがあれば、今度は自分が力になりたいとずっと思っていたし、これからもその思いは変わらない。

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

質問募集
祐言実行 / 福永祐一
このコラムでは、ユーザーからの質問を募集しております。あなたから
コラムニストへの「ぜひ聞きたい!」という質問をお待ちしております。
質問フォームへ
祐言実行とは
2013年にJRA賞最多勝利騎手に輝き、日本競馬界を牽引する福永祐一。まだまだ戦の途中ではあるが、有言実行を体現してきた彼には語り継ぐべきことがある。ジョッキー目線のレース回顧『ユーイチの眼』や『今月の喜怒哀楽』『ユーザー質問』など、盛りだくさんの内容をお届け。

1976年12月9日、滋賀県生まれ。1996年に北橋修二厩舎からデビュー。初日に2連勝を飾り、JRA賞最多勝利新人騎手に輝く。1999年、プリモディーネの桜花賞でGI初勝利。2005年、シーザリオで日米オークス優勝。2013年、JRA賞最多勝利騎手、最多賞金獲得騎手、初代MVJを獲得。2014年のドバイDFをジャスタウェイで優勝。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング