祐言実行/福永祐一

【ユーザー質問】『自分でもわかるのに、なんでジョッキーがわからない?』

2016年07月05日(火)18時01分

注目数:136人


「厳しい質問・意見も受付ます」と福永騎手


 天皇賞(春)のあと、以下のような意見が届いた。

『いつも応援しておりますが、どうも勉強が足りないようですね。天皇賞でのキタサンブラックのマイペースの逃げは菊花賞で経験したはずなのに、また同じことを繰り返していましたね。非常に残念です』
(※編集部注・菊花賞のキタサンブラックは逃げではなく、中団から)

 この意見をくれた人は、おそらく「こうなるだろうな」と、自分が思った通りの展開になったんだと思う。だから、「自分でもわかるのに、なんでジョッキーはわからないんだろう」と、もどかしさを感じたに違いない。先週も書いたが、負けて批判されるのは仕方がない。ジョッキーとは、そういう職業だ。

 ただ、その時々でジョッキーが何を考え、なぜそうなってしまったのか──改めて解説する機会は少ない。ジョッキーの思惑やレース中の駆け引きを知ってもらうのは、より深く競馬を楽しんでもらうために必要なことだと思っているので、今回はここで天皇賞(春)の顛末を振り返ってみようと思う。

祐言実行

▲ユーザーご意見から、キタサンブラックが勝った天皇賞(春)を改めて振り返る


 確かに天皇賞(春)は、自分でも流れと位置取りによっては勝てていたかもしれないと思うレースだ。勝つためには、アドマイヤデウスのポジション(内の6、7番手)がほしかったのだが、シュヴァルグラン4枠8番、アドマイヤ3枠6番という並びもあって、取ることができなかった。...
続きを読む

続きをお読みいただくには、ベーシックコース(月額250円(税別))への登録が必要です。既にご登録済みの方はこちらからログインしてください。ご登録いただきますと、スマホ版でもご覧いただけます。

質問募集

● 福永祐一 / 祐言実行

このコラムでは、ユーザーからの質問を募集しております。
あなたからコラムニストへの「ぜひ聞きたい!」という質問をお待ちしております。

質問フォームへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
祐言実行とは

2013年、念願のJRA賞最多勝利騎手に輝き、いまや押しも押されもせぬトップジョッキーのひとりとして、日本競馬界を牽引する福永祐一。“福永洋一の息子”として、長年プレッシャーと戦いながら、ときに挫折を味わいつつも、決して自分自身と向き合うことを恐れなかった。まだまだ戦の途中ではあるが、有言実行を体現してきた彼には語り継ぐべきことがある。ジョッキー目線で語るレース回顧『ユーイチの眼』や最新の『喜怒哀楽』、さらには福永祐一のルーツに迫る『祐一History』など、盛りだくさんの内容でお届けするコラム。彼のバイタリティーのすべてがここに。

コラムニストプロフィール

福永祐一
福永祐一
1976年12月9日、滋賀県生まれ。1996年に北橋修二厩舎からデビュー。初日に2連勝を飾り、JRA賞最多勝利新人騎手に輝く。1999年、プリモディーネの桜花賞でGI初勝利。2005年、シーザリオで日米オークス優勝。2013年、JRA賞最多勝利騎手、最多賞金獲得騎手、初代MVJを獲得。2014年のドバイDFをジャスタウェイで優勝。

福永祐一『祐言実行』バックナンバー