スマートフォン版へ

【池添謙一×藤岡佑介】第2回『GIのプレッシャーには真っ向からぶつかる』

  • 2016年07月13日(水) 18時01分

「池添謙一騎手がなぜ大舞台に強いのか?」を探っていくこの対談。前回、一つ目の秘密は『ブレないハッキリしたレースプラン』だとわかりました。今回斬り込むのは、ズバリ『プレッシャーとの向き合い方』。アスリートにとっては避けて通れないテーマですが、なかでも池添騎手のメンタルは、同じジョッキーの佑介騎手からしても驚きだそうで…! (構成:不破由妃子)


(前回のつづき)

「誰よりも自分が巧いと思って乗る」


佑介 この春もたくさんいい競馬がありましたが、池添さんらしさが出たレースといえば、やっぱり去年のジャパンCでしょう。めっちゃ面白いレースでした。

池添 ジャパンCは最後まで冷静に乗れたね。天皇賞(秋)と同じ枠が当たって、その天皇賞は外を回って負けたから、今度は絶対に内を取っていこうって決めてた。

with 佑

▲ラストインパクトをクビ差退けての勝利(撮影:下野雄規)


with 佑

佑介 道中もみんながほしかったポジションを死守し切りましたよね。

池添 うん。ラブリーデイの後ろを取れたからね。だから、ゴールドシップが早めに動き出したときも、一切慌てることはなかった。直線も、右ステッキを使いながら前を見てたんやけど、将雅がステッキを右から左に持ち替えた瞬間、僕はステッキを使うことをやめた。

佑介 ああ、左ステッキだと外に戻ってくる可能性があるから?

池添 そうそう。まだ並びかけてもいなかったし、そのまま僕が右ステッキを使っていたら進路がふさがる可能性があったから、並ぶまではステッキを使わず、将雅が外に戻ってきたときにすぐに対処できるよう、瞬時にハンドライドに切り替えて。

佑介 それって、コンマ何秒の判断ですよね。

池添 そうだね。あの場面は、熱く追いながらもすごく冷静に乗れたと思う。

佑介 それだけ集中していたということですよね。オルフェーヴルの有馬記念からショウナンパンドラでジャパンCを勝つまで、GIでチャンスのある馬がちょっと途絶えたじゃないですか。やっぱり、あのジャパンCをきっかけに、流れが変わったところはありますか?

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

いざダービー&新馬スタート! 14日間無料キャンペーン中!

登録済みの方はこちらから ログイン

質問募集
with 佑 / 藤岡佑介
このコラムでは、ユーザーからの質問を募集しております。あなたから
コラムニストへの「ぜひ聞きたい!」という質問をお待ちしております。
質問フォームへ
with 佑とは
JRAジョッキーの藤岡佑介がホスト役となり、騎手仲間や調教師、厩舎スタッフなど、ホースマンの本音に斬り込む対談企画。関係者からの人望も厚い藤岡佑介が、毎月ゲストの素顔や新たな一面をグイグイ引き出し、“ここでしか読めない”深い競馬トークを繰り広げます。

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

1986年3月17日、滋賀県生まれ。父・健一はJRAの調教師、弟・康太もJRAジョッキーという競馬一家。2004年にデビュー。同期は川田将雅、吉田隼人、津村明秀ら。同年に35勝を挙げJRA賞最多勝利新人騎手を獲得。2005年、アズマサンダースで京都牝馬Sを勝利し重賞初制覇。2013年の長期フランス遠征で、海外初勝利を挙げた。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング