スマートフォン版へ

見えてきた日本最多勝記録

  • 2016年08月05日(金) 18時00分


◆サンタアニタトロフィー勝ちは地方通算6901勝目

 あっ、ここで来るのか!と、レースを見ていて思ったのが、サンタアニタトロフィーをリアライズリンクスで制した的場文男騎手。すでに報じられているとおり、自身の持つ地方競馬最高齢重賞勝利の記録をまた更新した。

的場文男騎手鞍上のリアライズリンクスがサンタアニタトロフィーを制した


 ところで、ちょっと気になっているのが、地方競馬全国協会のウェブサイトでも使われている“最高齢重賞勝利”という表現。“高齢”というのは絶対的な年齢の表現で、“高齢者=おじいさん”というような印象を受ける。ここは相対的な表現として“最年長重賞勝利”としたほうがいいように思うのだが、どうだろう。まあそれはここでの本題ではないので、置いておく。

 的場騎手の地方競馬最高齢重賞勝利の更新記録は以下のとおり。

 2014年4月16日 川崎・クラウンC(ワタリキングオー) 57歳7カ月9日
 2015年5月6日 船橋・東京湾C(ドライヴシャフト) 58歳7カ月29日
 2016年3月30日 川崎・クラウンC(ガーニーフラップ) 59歳6カ月23日
 2016年5月18日 大井・大井記念(ケイアイレオーネ) 59歳8カ月11日
 2016年8月3日 大井・サンタアニタトロフィー(リアライズリンクス) 59歳10カ月27日

 スゴイと思うのは、2014、2015年には重賞1勝ずつ(2014年の重賞勝利は上記クラウンCのみ)だったものが、今年はすでに3勝もしていること。もっとスゴイのは

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

1964年生まれ。グリーンチャンネル『地・中・海ケイバモード』解説。NAR公式サイト『ウェブハロン』、『優駿』、『週刊競馬ブック』等で記事を執筆。ドバイ、ブリーダーズC、シンガポール、香港などの国際レースにも毎年足を運ぶ。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング