スマートフォン版へ

ダート出身新種牡馬の活躍

  • 2016年08月12日(金) 18時00分


◆全国の2歳重賞戦線での活躍にも期待

 ホッカイドウ競馬は、先週(4日)行われた2歳馬によるブリーダーズゴールドジュニアC、そして今週の牝馬JpnIII、ブリーダーズゴールドCがシーズンの折り返し点。早いもので、残すところあと3カ月となった。この開催からアタックチャレンジへの出走資格も厳しいものとなり、2歳馬の活躍の場も徐々に狭き門となってくる。

 ブリーダーズゴールドCの日には、2歳牝馬限定の最初の重賞フルールCも行われ、勝ったのはピンクドッグウッド。サウスヴィグラスの産駒で、生産はグランド牧場(馬主は尾崎智大氏)……といえば、昨年、エーデルワイス賞と北海道2歳優駿の両JpnIIIを制したタイニーダンサーと同じ(こちらは馬主もグランド牧場)。そのタイニーダンサーは、3歳ながらブリーダーズゴールドCでアムールブリエの2着と好走を見せた。父サウスヴィグラス、グランド牧場の産駒は今年も快進撃を続けている。

 サウスヴィグラス産駒は、地方全体のサイアーランキングでも、地方2歳のサイアーランキングでも、今年もトップを独走している

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

いざダービー&新馬スタート! 14日間無料キャンペーン中!

登録済みの方はこちらから ログイン

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

1964年生まれ。グリーンチャンネル『地・中・海ケイバモード』解説。NAR公式サイト『ウェブハロン』、『優駿』、『週刊競馬ブック』等で記事を執筆。ドバイ、ブリーダーズC、シンガポール、香港などの国際レースにも毎年足を運ぶ。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング