スマートフォン版へ

【特別対談】J.モレイラ×福永祐一(1)『“マジックマン”の祖国ブラジルの競馬事情』

  • 2016年08月23日(火) 18時01分
祐言実行

▲短期免許で来日中の香港のトップジョッキーJ.モレイラ騎手と福永騎手の対談が実現


短期免許で来日中の香港のトップジョッキー、J.モレイラ騎手と福永祐一騎手の対談が実現! 札幌競馬場を主戦場に戦うふたりが、騎乗論から世界の競馬まで、時が経つのも忘れて語り合いました。来日直後から驚異の成績を挙げているモレイラ騎手、そのトップジョッキーたる所以に迫ります。


“彼の騎乗はマジックというほかない”


モレイラ 今日は呼んでいただいてありがとうございます。

福永 こちらこそ、時間を作ってくれてありがとう。こういう取材は今までにもけっこうあったでしょ?

モレイラ いえ、ジョッキーとの対談は初めてですし、それ以前に、ジョッキーがこういったメディアで連載を持っていることも知らなかったです。

福永 香港やシンガポールにも、こういうメディアはないの?

モレイラ ないんですよ。だから、何をどこまで聞かれるのか、僕の何がバレてしまうのか、とても心配です…(苦笑)。

福永 もちろん話せる範囲でいいんだよ。ファンやメディアはもちろん、ジョッキーたちもみんなジョーに興味がある。だから、今日の対談はみんなが喜んでくれると思うよ。同じジョッキーとしてジョーの騎乗論も知りたいし、ブラジルの競馬事情やこれまでの軌跡なども、競馬ファン代表になったつもりで聞いていきたいと思ってます。

モレイラ 僕なんかでいいんですか? 僕は至って普通の男で、たくさんミスもするし、本当に大したことないんですけど(笑)。

福永 ミスをしないジョッキーはいないよ。僕が初めてジョーの存在を知ったのは、数年前のお正月にシンガポールに遊びに行ったときでね。競馬を観に行ったら、そこで「シンガポールにはすごいジョッキーがいるんだよ。今はバカンス中でいないんだけどね」っていう話を聞いて。それで、その後に香港に乗りに行ったら、ジョーがものすごく活躍していて、聞けば少し前までシンガポールで乗っていたジョッキーだと。そこで「ああ、すごいジョッキーとは彼のことか」と合点がいって、初めてジョーの名前を聞いたんだよね。

モレイラ 2013年の10月から本格的に香港での騎乗を開始したので、そのあとですね。

福永 確か1日8勝を達成(2013年9月6日・クランジ競馬場)したあとで、すでに“マジックマン”と言われていたような。

モレイラ 確かに、シンガポールで1日8勝を挙げたときはすごく話題になって、いろんなところで“マジックマン”と言われましたが、最初に僕の騎乗に対して“マジック”という言葉が使われたのはもっと前で、人気のない馬で勝ったときに、シンガポールのアナウンサーが“彼の騎乗はマジックというほかない”というような言葉を使って。それから度々使われるようになったんですよね。1日8勝したときに、それが一気に広まった感じです。

福永 そうだったんだ。そもそもジョッキーになったきっかけは何だったの? ご家族が競馬関係者だったとか?

モレイラ いえ、家族に競馬関係者はいません。8歳くらいのときだったかな、近所の競馬場に連れて行ってもらったんですけど、馬の美しさ、レースの激しさなどを目の当たりにして、すぐにフォーリンラブ(笑)。すべてがとても素晴らしいと感じたんです。それで、16歳から厩舎で働き始めました。

祐言実行

▲「馬の美しさ、レースの激しさなどを目の当たりにして、すぐにフォーリンラブ(笑)」


福永 ブラジルというと、どうしてもサッカーのイメージが強いけど、競馬の存在はメジャーなの?

モレイラ 40年くらい前は、すごく人気があったそうなんです。ただ、残念ながら今はあまり…。とても盛んとは言えないですね。自分も含めてですが、ブラジルで成功した騎手は、すぐに別の国に行ってしまうのがパターン化してしまって。だから、逆に言えば、世界中の競馬場でブラジル出身の騎手が活躍してるんですが、そのぶん国内の競馬は元気がないですね。

福永 そうなんだ。やっぱり賞金の問題とかもあるよね。

モレイラ もちろんです。賞金はすごく低い。国外で活躍しているブラジル人騎手の99%は、国内で乗っていたときより稼いでいると思います。もちろん、賞金の問題だけではなく、騎手としてレベルアップすることも、海外に目を向ける理由のひとつなんですけどね。

福永 ブラジルでトップジョッキーとして不動の地位を築いて、その後はまずフランスに行ったんだよね?

モレイラ そうです。まずはフランスで3カ月乗って、いったんブラジルに帰り、その後、シンガポールに拠点を移しました。

福永 フランスにはどういったきっかけで行くことになったの?

モレイラ ブラジルでよく騎乗依頼をもらっていたオーナーが、フランスに馬を連れて行くことになって。それで、フランスでも乗ってくれないかという依頼をいただいたんです。

福永 フランスでずっと乗りたいとは思わなかった?

モレイラ それは考えたことがなかったです。フランスの競馬はレベルが高いし、そもそもタフな業界で、サポートがしっかりしていないとジョッキーとして成功するのは難しいというイメージがあったから。実際に行ってみてイメージ通りだったし、いい馬があまり回ってこないことにショックも受けた。言葉の壁も思った以上に高くて、あまり結果を残せませんでした。

(次回へつづく)


■読者プレゼント■
今回のゲスト、モレイラ騎手のサイン入りレース写真を、抽選で3名様にプレゼントいたします。ご希望の方は、下記のフォームに必要事項を明記の上、ご応募ください。

※受付は終了いたしました。たくさんのご応募ありがとうございました。
質問募集
祐言実行 / 福永祐一
このコラムでは、ユーザーからの質問を募集しております。あなたから
コラムニストへの「ぜひ聞きたい!」という質問をお待ちしております。
質問フォームへ
祐言実行とは
2013年にJRA賞最多勝利騎手に輝き、日本競馬界を牽引する福永祐一。まだまだ戦の途中ではあるが、有言実行を体現してきた彼には語り継ぐべきことがある。ジョッキー目線のレース回顧『ユーイチの眼』や『今月の喜怒哀楽』『ユーザー質問』など、盛りだくさんの内容をお届け。

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

1976年12月9日、滋賀県生まれ。1996年に北橋修二厩舎からデビュー。初日に2連勝を飾り、JRA賞最多勝利新人騎手に輝く。1999年、プリモディーネの桜花賞でGI初勝利。2005年、シーザリオで日米オークス優勝。2013年、JRA賞最多勝利騎手、最多賞金獲得騎手、初代MVJを獲得。2014年のドバイDFをジャスタウェイで優勝。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング