スマートフォン版へ

北海道開催はなぜ減ったのか 札幌記念のGI昇格はあるのか

  • 2016年08月29日(月) 18時01分


 2016年夏のローカル開催も1週を残すだけとなった。9月4日で新潟、小倉、札幌開催は終了し、10日からは中山、阪神の2場で番組区分上の秋季競馬が始まる。かつてはこの時期も札幌で1開催(4週)があったが、東日本大震災の翌年である12年に開催日割が大幅に見直され、9〜10月の札幌開催は姿を消した。函館を含めた北海道全体の枠も、従来の32日(函館、札幌各16日)から、26日(函館12日、札幌14日)と大幅に削減された。

 その後、札幌が改修工事中のため休催となった13年は函館のみが24日に。札幌が新装開場となった14年は12年と同じ函館12、札幌14日に戻り、昨年は札幌、函館各12日。今年はといえば、暦の関係で祝日開催の組み方が前年と異なり、その結果、新潟のローカル(第3場)開催が1週増え、年間でも新潟の日数は2日増の26日となったが、北海道は据え置き。函館は10年、札幌は14年とスタンド新装から日が浅いとあって、道内の関係者の間でも開催削減への不満を口にする人は多い。なぜ、北海道の開催日数は削減されたのか?

教えてノモケン

▲2014年に新装開場となった札幌競馬場(撮影:高橋正和)


教えてノモケン

規制緩和で広がった調整の幅


 昨年、当コーナーで番組編成について扱った際に触れた通り、JRAにとって「日割」は極めて重要な事項の1つである。近年の日割は、年間36開催288日という法的に定められた上限の中で、地方競馬との協調関係を維持しつつ、いかに売り上げ拡大を図るかという使命を帯びている。

 以前は各競馬場の開催日数が長く固定されていた。もともと、36という開催数の根拠は、現存する10の競馬場に横浜(根岸=現在は馬の博物館)、宮崎(現在は育成牧場)を加えた計12場で各3回という計算だった。1991年の競馬法改正で横浜、宮崎は開催可能な場から除外されたが、戦後はずっと休催が続いていた。ただ、実際は北海道の2場が夏場の2開催ずつで、北海道枠の2開催と、休催中の2場の6開催の計8開催分を、4大競馬場(東京、中山、京都、阪神)が2開催ずつ分担する形が長く続いた。加えて、1開催の日数も8日に固定され、調整の余地自体が少なかった。

 ところが、07年の競馬法改正に伴う省令改正で、1開催の日数も「12日以内」という幅を持たせた形となった。この改正は、番組編成の自由度を高めるための規制緩和で、以後、各競馬場の開催日数も微調整が繰り返されることになる。

 こうした規制緩和が進められた時期は、JRAの売り上げ低迷が続いていて、日割の設定も「背に腹は変えられぬ」という雰囲気が色濃く漂っていた。特に、11年の東日本大震災以降は、売り上げの期待できる4大場に少しでも多くの開催日数を割り当てる「本場シフト」の傾向が見え始めた。

 本場開催を増やすには、まず体育の日のような祝日に土〜月曜の3日間開催を組む方法がある。祝日は地方競馬の主要レースが多く組まれ、地方との調整が必要だが、当時は中央・地方間の発売協力が劇的に進展し、ハードルは一気に下がった。ただ、祝日使用の上限は年4日で、JRA内部の調整で本場を増やすとなれば、必然的にローカル場を削ることになる。ここで削減のターゲットになったのが北海道だ。

「夏バテ」対策で2場開催に?


 目につくのは9〜10月の札幌が姿を消した部分。この時期の「表」開催は中山と阪神だが、多くの人が感じている通り、少頭数で番組担当者の頭痛の種だ。特に、

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

コラムテーマ募集
教えてノモケン! / 野元賢一
このコラムでは、コラムニストに解説してほしいテーマを募集しています。
競馬で気になっている話題を、下記フォームからお寄せください。
質問フォームへ

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

1964年1月19日、東京都出身。87年4月、毎日新聞に入社。長野支局を経て、91年から東京本社運動部に移り、競馬のほか一般スポーツ、プロ野球、サッカーなどを担当。96年から日本経済新聞東京本社運動部に移り、関東の競馬担当記者として現在に至る。ラジオNIKKEIの中央競馬実況中継(土曜日)解説。著書に「競馬よ」(日本経済新聞出版)。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング