ねぇさんのトレセン密着/花岡貴子

お気に入り

お気に入り

登録済

落ち着き十分、サトノダイヤモンド

2016年09月15日(木)19時00分

注目数:32人


 中山、阪神開催も始まり、いよいよ秋競馬がやってきましたね〜。北海道組も栗東に戻ってきたし、リオンディーズやサトノダイヤモンドもビシバシ追い切ってるし、日中もだいぶ暑さが和らいで過ごしやすい気候になってきたし、とにかく、ホッとしている今日この頃です。

 神戸新聞杯を狙うリオンディーズは予定どおり水曜朝にミルコ騎手を背にCWコースで追い切り。

「いいかんじで走っていましたね。首をしっかり使っていました」と前川助手。

 体は春に比べてひとまわり大きくなったそうで、先週の段階で510キロだったそうです。競馬では微増で出走できるのではないでしょうか。

 同じレースに出走予定のサトノダイヤモンドも実にいいかんじ。めっちゃ落ち着いています。木曜に助手騎乗で予定どおりの併せ馬で追い切りました。相手は攻め駆けするサトノダイヤモンド。休み明けだけにどうかな?と思っていたら…。しっかり仕上げてきましたね。もたれる癖もかなり解消されています。「馬体については、もともと完成度の高い馬だったこともあり、いまのところ、夏を越して目立って大きく変わった印象はないですね」(担当の中澤助手)とのこと。とにかく順調に仕上がっているようで何よりです。



 ブチコの弟・シロニイの次走は10月1日の阪神競馬、ダート1800メートル戦が予定されています。芝もいいけれど、この血統ではやはりダートでの走りを見てみたいですよね。楽しみ!

 最後に。昨年、京王杯2歳Sを制したボールライトニングが9日、栗東トレセンに帰ってきました。療養してたいわきの温泉から直接の帰厩。宮本師は「2週間くらい厩舎で様子を見て、今後のことを決めようと思っています」と話していました。いわきの温泉ではプールと角馬場で乗られていたそうで、馬場での調整はひさしぶり。いきなりどうかな?と思いながら見ていましたが、いやいや、なかなかの行きっぷり。元気いっぱいです。



「結論はまだ先だけど、この調子ならこのまま厩舎において調整してもいいね」と宮本師。病み上がりのウインフルブルームを勝たせ、復活させている厩舎だけに期待は高まるばかりです。とにかく無事に、その雄姿をふたたびターフで見せてほしいですね!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コラムニストプロフィール

花岡貴子
花岡貴子
デジタルレシピ研究家。パソコン教師→競馬評論家に転身→IT業界にも復帰。競馬予想は卒業したが、現在も栗東トレセンでニュースやコラム中心の取材を続けている。“ねぇさん”と呼ばれる世話焼きが高じ、AFPを取得しお金の相談も受ける毎日。公式ブログ「ねぇブロ」(http://ameblo.jp/takako-hanaoka/)