スマートフォン版へ

ホッカイドウ競馬閉幕

  • 2016年11月11日(金) 18時00分


◆ホッカイドウ競馬の復活は、門別単独開催という思い切った決断が転機

 早いもので10日の開催で今年のホッカイドウ競馬の開催が最終日を迎えた。個人的な感覚ではあるのだが、地方競馬では1年でもっとも盛り上がるJBCが終了して、その翌週、道営記念が終わると年末へむけてまっしぐらという雰囲気になる。

 4月20日に今年度の開催が始まり、80日間の開催での馬券の売上げ203億5501万円余りは、前年の169億13万円余りに対して120.4%。発売総額で前年比プラス計上は、門別単独開催となった2年目、2011年から6年連続。前年比で20%以上の大幅アップとなったのは、バブル経済崩壊後に売上が落ち込んで以降では初めてのこと。売上げが底を打った2010年の112億円余りから6年で倍近くとなり、200億円を超えたのはじつに18年ぶり。そして4年連続で黒字になる見通しとのことだ。

 こうした数字を並べてみると、一時は累積赤字が200億円を超えるまでになったホッカイドウ競馬の復活は、門別単独開催という思い切った決断が転機となったともいえる。

 開催最終日となった道営記念当日は

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

1964年生まれ。グリーンチャンネル『地・中・海ケイバモード』解説。NAR公式サイト『ウェブハロン』、『優駿』、『週刊競馬ブック』等で記事を執筆。ドバイ、ブリーダーズC、シンガポール、香港などの国際レースにも毎年足を運ぶ。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング