喝?あっぱれ?斎藤修の喜怒哀楽/斎藤修

お気に入り

お気に入り

登録済

ヤングジョッキーズシリーズ

2016年11月18日(金)18時00分

注目数:15人


◆またひとつ中央と地方の交流が進んだといえそう

 16日、地方競馬全国協会およびTCK大井競馬から、『ヤングジョッキーズシリーズ』開催についてのリリースがあった。

 来年4月〜11月に全国地方競馬11場で行われる“トライアルラウンド”に、地方・中央から各5〜6名の若手騎手が出場。その成績上位者によって、年末の大井(12月27日)および中山(12月28日)で“ファイナルラウンド”が行われるというもの。

 まず画期的なのは、現在開催が行われている地方競馬の全場(主催者が盛岡と同じ水沢は除く)が舞台になるということ。

 ここ十数年で、地方から何人もの騎手が中央へ移籍し、その何人かはリーディングを争う活躍を見せているのはご存知のとおり。一方で中央から地方へという流れはなく、中央で騎乗機会に恵まれない若手騎手には期間限定などで地方で騎乗する機会を与えてもいいのではないか、ということはさまざまなところで言われてきた。期間限定での騎乗とはならないものの、このシリーズはそのひとつの答えといえるのではないだろうか。

 若手騎手限定とはいえ...
続きを読む

続きをお読みいただくには、ベーシックコース(月額250円(税別))への登録が必要です。既にご登録済みの方はこちらからログインしてください。ご登録いただきますと、スマホ版でもご覧いただけます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コラムニストプロフィール

斎藤修
斎藤修
1964年生まれ。グリーンチャンネル『地・中・海ケイバモード』解説。NAR公式サイト『ウェブハロン』、『優駿』、『週刊競馬ブック』等で記事を執筆。ドバイ、ブリーダーズC、シンガポール、香港などの国際レースにも毎年足を運ぶ。

斎藤修『喝?あっぱれ?斎藤修の喜怒哀楽』バックナンバー