スマートフォン版へ

『前走値重視』の傾向と騎手ポイントの組み合わせが的中の基本?/マイルCS(GI)

  • 2016年11月21日(月) 12時00分

(C)netkeiba.com



 3着までの馬はキッチリと拾えているけれど、本命が飛んでしまうと馬券としての組み合わせはなし。予想の調子の悪いときにはこういうレースが続きます。

 今週のGI『マイルCS』もそんな結果になってしまいました。印としては1〜3着が○▲△。狙いサイドの決着ながら肝心の◎だけが馬券外…。まあ最後の直線での斜行による審議などもありましたが結果としては不合格。菊花賞を当ててからGIは連敗になってしまいました。

 さてこのスランプからどうすれば脱出できるのでしょうか。

【検証ナンバー057】
サンプルレース名/2016年11月20日(日)・京都11R・マイルCS(GI)芝1600m

【レース前状況】
 マイル界の王者・モーリスは不在。そこで1番人気になったのはサトノアラジン(川田)だった。昨年同レース4着。まだGIタイトルはない同馬だが、前哨戦の『スワンS』を

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

No.1予想家の大石川大二郎が、前週の荒れたレースを「どうすれば取れたか」という視点で徹底分析。さっそく今週のレースから使える教訓を伝授、「未来の馬券力」を上げちゃうコラムです!!

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング