太論/小牧太

お気に入り

お気に入り

登録済

【ジャパンC展望】内枠熱望! ヒットザターゲットで一発を狙う

2016年11月22日(火)18時01分

注目数:78人
小牧太

今週は待ちに待ったジャパンC。パートナーはもちろん、ヒットザターゲット!


今週は待ちに待ったジャパンC。パートナーはもちろん、ヒットザターゲットです。昨年は13着に終わった舞台ではありますが、8歳にしてまだまだ衰え知らずのヒットザターゲットだけに、小牧騎手も虎視眈々と一発を狙っている様子。あとは何とか内枠が当たることを祈るばかりです。そのほか今回は、ダノンメジャーとツィンクルソードの勝利を回顧。なかでもダノンメジャーでの勝利は格別だったようで…。胸の内を赤裸々に語ってくれました。
(取材・文/不破由妃子)


すごい脚を持っているのは間違いない!

──今週はいよいよジャパンCです。昨年に続き、ヒットザターゲットとのコンビで挑むわけですが、前走(10月10日・京都大賞典5着)を見る限り、衰えはなさそうですね。

小牧 うん、前走はよう走った。

──小牧さんの外枠からのコース取りがお見事でした。

小牧 いやいや、うまいこと内に入れただけや。あんなにうまくいくことはそうそうないし、もともと内枠やったら、もっと楽に位置を取れるからね。前から言っているように、この馬はなにはともあれ枠順や。相手は強いけど、この馬こそ、一発ないかな…と思ってるんやけどね。

──目黒記念や札幌記念で見せた脚を思うと、確かに一発を期待したくなります。

小牧 そうそう、すごい脚を持っているのは間違いないから。なんとかそれを引き出せるように乗りたいね。それにねぇ、そろそろ僕にいいことが起きんかなぁと思ってるんやけどね(笑)。最近ちょっと苦しんでるから。なんかここ数年、毎年11月あたりが苦しいような気がするなぁ。

──確かにここ最近は騎乗数が少なくて…。

小牧 ねぇ。少ないとやっぱり寂しいもんやね。なんせ勝ち鞍が伸び悩んでいるから、そのあたりで乗り馬が減っていくのは仕方がない。人気よりは(上に)持ってきてるレースも多いと思うんやけど、やっぱり勝たないことには次につながらないからね。まぁまだまだこれからという気持ちで、1頭1頭、ひとつでも上にという気持ちを忘れんで乗っていこうと思ってます。

──とはいえ、10月の最終週にはダノンメジャー(10月29日・八坂S)、ツィンクルソード(10月30日・北國新聞杯)で2勝。どちらも鮮やかでした。

小牧 ダノンメジャーで勝ったときは、なんか…めっちゃ嬉しかったね。橋口厩舎も約2カ月ぶりの勝利だったみたいで、すごく喜んでたわ。それにしても、やっぱりジョッキーは勝つのが一番やね。本当に嬉しかったわ。アカンときは「いつまで続けられるのか…」なんていう気持ちになってしまうこともあるけど、ひとつ勝つだけで「まだまだ頑張ろう!」っていう気持ちになるから。最近は、「もう引退するんちゃうか」なんていう言葉が遠くから聞こえてくることもあって…。

──えっ! それは聞き捨てならない。

小牧 僕自身、そんな気持ちはまったくないよ。「引退なんて考えてません!」て書いといてください。

小牧太

「引退なんて考えてません!」て書いといてください



──わかりました! では、ダノンメジャーの今後について、小牧さんの感触をお聞きしたいのですが。ファンの多い馬ですからね。重賞戦線での活躍が期待されています。

小牧 そうやなぁ。この前は内枠で行く馬がいなかったから行けたけど、オープンでは簡単に行かせてはもらえないだろうから…。だから、ハナにはこだわらずに前々で競馬をして、どこまで粘れるかという競馬を続けながら、力を付けていくしかないね。次はチャレンジC(12月10日・阪神芝1800m)が予定されているけど、そこでどんな競馬ができるか。行ければある程度は行くつもりやけどね。

──能力的には、十分重賞レベルにあるはずなんですけどね。

小牧 そうなんやけど、なんせ気性が難しい。この前も相変わらず周りを気にしていたし、その前のレース(10月1日・秋風S5着)も、ものすごい手応えで直線に向きながら、馬が近くにきたらやっぱり耳を絞り出して。その点がまだまだ課題やね。でも、一度成績が落ちたことを考えると、よう頑張ってると思う。逃げてからポンポンと2つ勝ったからね。

──そうですね。ダノンメジャーの翌日に勝ったツィンクルソードも強かったですね。楽勝といっていい一戦でした。

小牧 ああ、あれも強かったねぇ。返し馬の時点で「いい馬やなぁ。これは走るわ」と思ったけど、レースでもうまいことハマッたね。爪に不安があって、ずっと芝を使えなかったらしいんやけど、ここにきてようやく良くなったみたいで。調子が上がってきたところで、たまたま僕に騎乗依頼が回ってきてね。まぁ、あの馬はあれくらい走っておかしくないでしょ。

──ペースが遅いとみて、中盤からハナに。小牧さんの好判断も光りました。

小牧 ペースがガクンと落ちたところで引っ掛かったんでね。人気もないし、思い切った競馬をしようと思って。楽しみな馬やけど、次は他と重なってしまって乗れないんですわ。今回は残念やけど、また乗せてもらいたいね。

質問募集

● 小牧太 / 太論

このコラムでは、ユーザーからの質問を募集しております。
あなたからコラムニストへの「ぜひ聞きたい!」という質問をお待ちしております。

質問フォームへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コラムニストプロフィール

小牧太
小牧太
1967年9月7日、鹿児島県生まれ。1985年に公営・園田競馬でデビュー。名伯楽・曾和直榮調教師の元で腕を磨き、10度の兵庫リーディングと2度の全国リーディングを獲得。2004年にJRAに移籍。2008年には桜花賞をレジネッタで制し悲願のGI制覇を遂げた。その後もローズキングダムとのコンビで朝日杯FSを制するなど、今や大舞台には欠かせないジョッキーとして活躍中。

小牧騎手へのご質問をお待ちしております。