スマートフォン版へ

フリオーソが止まらない

  • 2016年11月25日(金) 18時00分


◆地方の新種牡馬ランキングでは堂々1位

 3月25日付の本コラムで『フリオーソ産駒、始動』、4月29日付で『ダート種牡馬の活躍』、さらに8月12日付では『ダート出身新種牡馬の活躍』として触れてきたが、ここに来てフリオーソ産駒の活躍がますますスゴイことになっている。

 11月24日付の新種牡馬(ファーストシーズンサイアー)ランキングでは、スマートファルコンが5位、フリオーソが6位、トランセンドがやや後退して11位。なのだが、勝利数で見るとフリオーソが37勝でダントツ、スマートファルコンが22勝で2位となっている。

 そして地方競馬に限った新種牡馬ランキングでは、6697.2万円を稼いでフリオーソは堂々の1位。2位のスマートファルコン(3951.1万円)、3位のトランセンド(3431.8万円)を大きく引き離している。

 また

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

1964年生まれ。グリーンチャンネル『地・中・海ケイバモード』解説。NAR公式サイト『ウェブハロン』、『優駿』、『週刊競馬ブック』等で記事を執筆。ドバイ、ブリーダーズC、シンガポール、香港などの国際レースにも毎年足を運ぶ。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング