祐言実行/福永祐一

お気に入り

お気に入り

登録済

【ユーイチの眼】ジャパンC回顧『ユタカさんの絶妙なペース配分 文字通りの完勝』

2016年11月29日(火)18時01分

注目数:169人
祐言実行

▲キタサンブラックがGI3勝目をマーク、自身はシュヴァルグランで3着に。レースのポイントはどこだったのか(撮影:下野雄規)


中山2500mは合う舞台、有馬記念への楽しみが増した


 ジャパンCはキタサンブラックの逃げ切り勝ち。まさに完勝だった。シュヴァルグランは、最後まできっちり伸び切って3着。残念な結果ではあったが、前残りの流れのなか、2400mという距離でGI馬たちに先着できたことは、評価に値する内容だったと思う。

 メンバー的に、キタサンブラックの楽逃げは当然予想することができた。ファンからすると、ではなぜ誰も捕まえにいかないのか、ということになるのだろうが、今回はキタサンを楽に捕まえにいける強力な先行馬が少なかった。

 当然、ジョッキーはみな、自分の馬をひとつでも上の着順に…と考えて乗っている。楽にスッとスピードに乗って先手を取れればいいが、2400mで何発もムチを入れてまで1番人気の逃げ馬に競りかけるなんて、それこそ“捨て身”だ。...
続きを読む

続きをお読みいただくには、ベーシックコース(月額250円(税別))への登録が必要です。既にご登録済みの方はこちらからログインしてください。ご登録いただきますと、スマホ版でもご覧いただけます。

質問募集

● 福永祐一 / 祐言実行

このコラムでは、ユーザーからの質問を募集しております。
あなたからコラムニストへの「ぜひ聞きたい!」という質問をお待ちしております。

質問フォームへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
祐言実行とは

2013年、念願のJRA賞最多勝利騎手に輝き、いまや押しも押されもせぬトップジョッキーのひとりとして、日本競馬界を牽引する福永祐一。“福永洋一の息子”として、長年プレッシャーと戦いながら、ときに挫折を味わいつつも、決して自分自身と向き合うことを恐れなかった。まだまだ戦の途中ではあるが、有言実行を体現してきた彼には語り継ぐべきことがある。ジョッキー目線で語るレース回顧『ユーイチの眼』や最新の『喜怒哀楽』、さらには福永祐一のルーツに迫る『祐一History』など、盛りだくさんの内容でお届けするコラム。彼のバイタリティーのすべてがここに。

コラムニストプロフィール

福永祐一
福永祐一
1976年12月9日、滋賀県生まれ。1996年に北橋修二厩舎からデビュー。初日に2連勝を飾り、JRA賞最多勝利新人騎手に輝く。1999年、プリモディーネの桜花賞でGI初勝利。2005年、シーザリオで日米オークス優勝。2013年、JRA賞最多勝利騎手、最多賞金獲得騎手、初代MVJを獲得。2014年のドバイDFをジャスタウェイで優勝。