スマートフォン版へ

【チャンピオンズC】性格は正反対 松永幹夫師が語るアウォーディー&ラニ兄弟

  • 2016年12月01日(木) 18時01分
GIドキュメント

▲アウォーディー、ラニの兄弟を管理し、母ヘヴンリーロマンスの主戦でもあった松永師(撮影:大恵陽子)


違った個性を持つ兄弟がともにチャンピオンズC(GI、中京ダ1800m)の舞台に出走する。優等生タイプのアウォーディー(牡6)と激しい気性のラニ(牡3)。なぜ兄弟でこんなに個性が違うのだろうか。彼らの母ヘヴンリーロマンスは、牝馬ながら2005年天皇賞・秋を勝った。芝GI馬の母がダートで活躍する馬を続々と輩出するのも不思議な感じがする。知れば知るほどおもしろい一族。騎手時代は母に騎乗し、現在は兄弟を管理する松永幹夫調教師に3頭それぞれの特徴を聞いた。(取材・文:大恵陽子)


ダート適性を秘めていた母ヘヴンリーロマンス


 なぜ、天皇賞馬の母からこうもダート馬が生まれるのだろう。ヘヴンリーロマンスの主戦だった松永幹夫調教師はこんな話をした。

「ヘヴンリーロマンスの初勝利はダートでした。もしダートを走らせていても、それなりの成績を残していたと思いますよ。ただ、ダート路線を歩まなくてよかったですよね。だってダートだったら天皇賞を勝っていませんでしたから。一度フェブラリーSを走りましたが、雨で軽い馬場だったんです。また、前に行った馬向きの流れで、メイショウボーラーが逃げ切り勝ちをしました。なので、全然走れていませんでした」

 11着だったからといってダート適性がないわけではなかった。むしろ、芝だけでなくダート適性も秘めていたといえるだろう。

GIドキュメント

▲天皇賞・秋を制したヘヴンリーロマンスと松永幹夫騎手(当時)(撮影:下野雄規)


『やっぱりお前もダート馬だったか(笑)』


 アウォーディーも最初は芝のレースを走っていた。

「堅実なんですが、あと一歩足りないところがありダートを使いたいなと思いました。昨年の春に東京ダート2400mに登録しましたが、除外になってしまったんです。仕方なく芝を使い、秋にやっとダートを使えました。初ダートで勝って『やっぱりお前もダート馬だったか(笑)』って感じでした」

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

有名予想家・ライターによるGIスペシャルコラムや、有力馬密着レポート、1週前からの調教レポートなど、GIレースの攻略情報をどこよりも詳しく、より濃密にお届けします。公開はプレミアムサービス限定となります。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング