スマートフォン版へ

【障害レースを語ろう】西谷誠騎手×高田潤騎手(2)『勝利騎手が明かす、大障害コースの勝負の分かれ目』

  • 2016年12月12日(月) 12時01分


高さ160cm幅2m以上の大生垣や大竹柵に、深さが約5mもあるバンケット。GIだけに使われる中山の大障害コースは、迫力ある特別な舞台です。4100mという長距離戦でもある勝負のポイントはどこなのか? なんと、上手くいかないと何馬身もロスになるという要注意箇所があるそうで……。戦いの前に手の内を明かした高田騎手も、「他のジョッキーが読むかもしれん!」と後悔!? (取材:東奈緒美)


※取材日は11月24日。西谷騎手が騎乗予定だったサナシオンは右前浅屈腱炎発症のため、12月3日付で登録抹消となりました。本文ではサナシオンのこれまでのレースについて触れている箇所がございますが、引退に寄せて、西谷騎手から改めてコメントをいただきました。

【西谷騎手のコメント】

『レッドキングダム(14年中山大障害など)が引退した時に“このクラスの馬はもう出てこない”と思ったら、サナシオンが出てきました。外から見ると低くて怖い飛越でしょうが(笑)、実際に乗っていると無駄が無く、障害の高さによって飛越を変える“天才”でした。いろんな競馬場で勝ってるので、その強さは証明済みでしょうが。日本のジャンプレースの完成形と思った馬です。

 その証明に、今年こそGIのタイトルをサナシオンと獲りたいと思っていましたが、屈腱炎のため引退になりました。ただ、幸い程度は重くないので、乗馬で頑張ってくれると思います! 夏に会いに行く予定です。ちなみにレッドキングダムには、今年の冬に鹿児島まで乗りに行きました。サナシオンにも乗れることを楽しみにしています』


おじゃ馬します!

▲“日本のジャンプレースの完成形”と西谷騎手も称えた(撮影:下野雄規)




(前回のつづき)

コース図を見るだけではわからない難しさ


 障害の“最強馬決定戦”という中山大障害は、レース自体もすごく難しそうです。大生垣や大竹柵という大きな障害がありますが、どこが一番難しいですか?

高田 一番難しいところは、バンケットでしょう。赤レンガ(大生垣)の前のバンケットじゃない?

西谷 うん、俺もそこだと思う。あそこが一番難しい。

 おふたりとも同じ答えなんですね。それはどうしてなんですか?

高田 バンケットって、全部で1、2、3…6回通るんやね? そのうちの2つ目と4つ目の2回が大障害コースの深いバンケットなんやけど、8の字にクロスしてて。最初の大竹柵に向かっていくところはバンケットを下りる前に大竹柵が見えるので、位置を確認してからそっちに向かって下りて行くんやけど…

西谷 そこで位置を確認しないで下りてしまったら、どこに上がっていいか全然分からないのでロスになったりするんだけど…もうひとつの赤レンガの方がね。

高田 うん。赤レンガに向っていくところは、下りる時に障害が見えないの。コース図では8の字に見えるんやけど、実際には直線になってないので線で結べないというか。下りる時に赤レンガの位置が見えないし、下りて行くとコース2本分の幅があってむちゃくちゃ広いから、あそこで馬が広がるんだよね。

西谷 そう。そこで皆が主張して来る。

高田 広い分ある程度自分が行きたいところは通れるから、どこに上がって行ったらベストなのかを考えて乗るんだけど。あそこでの距離ロスはかなりあるからね。いや、本当に、あそこで何馬身と変わって来るから。本当に難しいよね。

おじゃ馬します!

▲バンケットから障害へのアプローチが難しい、と高田騎手


西谷 難しいね。しかも、赤レンガを飛んで次の障害までのアプローチもすごく難しいじゃない。赤レンガを飛んだらすぐ曲がるんだけど、それがほぼほぼ90度にカーブしてて。

高田 あのコーナーはめっちゃ急やからね。

西谷 でもさ、あそこの乗り方が巧いやつは、飛び終わったら絶対に先行グループにいるよね。後ろから行ってても、あそこでポジションを取ってる。勝負の分かれ目だよね。逆にあの時点で5番手くらいまでに来れないやつは、もうスタミナが全然ない。それはジョッキーも分かるけど、勝負するやつとしないやつがあそこではっきり分かれて来るよね。

おじゃ馬します!

▲勝負するやつとしないやつがあそこではっきり分かれて来る、と西谷騎手


高田 俺1回さ、ディアマジェスティであそこで先頭立ってもうたやんか(11年中山大障害、2着)。

西谷 うん、行ったな。

高田 前に2頭走ってて、3番手でベストな感じでシュッと上がって行ったんだけど、前の2頭がちょっとコースを間違えてロスしてて、赤レンガを飛んだら俺がもう2、3馬身前に出てしまって。逃げ馬じゃないから前に馬を置いておきたかったんやけど。それで、最後は2着だもんね。やっぱりあそこまでいくと、スタミナが残ってる馬しか残らない。その分、ポジションはもう考えなくてもいいのかなとは思うけど。あとは自分の馬のことだけ考えていればいいんじゃないかなって。

 ………ていうか、このインタビューの掲載ってレース前だよね?! あんましゃべりたくないなぁ。他のジョッキーが読むかもしれんやん(笑)。前回のゲストって石神(オジュウチョウサン騎乗)なんでしょ? 石神にもいろいろ話したからな。ちょっと教え過ぎたなと思って(笑)。

 あはは(笑)。高田騎手が騎乗するニホンピロバロンは、中団辺りからになりますか?

高田 アップトゥデイトとかオジュウチョウサンは、ある程度前に付いて行くとは思うしな。サナシオンはどうなん? 逃げるの?

西谷 去年も逃げてないしね。サナシオンは行きたいというより、ペースを邪魔されたくない。極力周りに馬を置かないで、あの子の好きなように走ってるのがいいのかなって思う。障害のデビュー戦でも飛越だけで追いついて、サナシオンともう1頭の前2頭で暴走みたいな感じになって。結局は勝ったんだけど、そういうところもあるんでね。まあでも、あの時から考えたら、あの子はおとなしくなったよね。

高田 今年の春が結構ゆったり逃げられたもんね。

西谷 そう。ゆったり逃げられて、「あ、勝ったな」と思ったらオジュウチョウサンが来て。それでもまだしのげるかなとも思ったんだけど、あっという間に交わされたからね。終わってみれば、オジュウチョウサンは強くなったよね。あれがきっかけなのかわからないけど、きっと今回1番人気でしょう?

おじゃ馬します!

▲今年の中山GJ、逃げるサナシオンを差し切ったオジュウチョウサンが初GI制覇(撮影:下野雄規)


高田 なるやろね。

西谷 で、潤のニホンピロバロンが2番人気か3番人気、アップトゥデイトが3番人気か4番人気ってところかな? サナシオンはどうしても大障害は負けてるんでね(15年中山大障害3着、16年中山GJ2着)。僕も関係者もサナシオンは4000mを超えるとちょっと長いというのは分かってるから。

高田 ベストではない。

西谷 ベストではない。ああいう気性なんで、最後のスタミナを削ってるのかなと思うんだけど。でも、4000m以下ならものすごいパフォーマンスをするからね。

高田 3000mでは絶対負けへんしね。まあでも、このレースで1番人気は乗りにくいよなぁ。

西谷 乗りにくい。俺も1番人気で負けてるもんなぁ。1番人気になる時点で目標にされるし、それだけの実績があるってことは飛越も巧いってなって、その馬の後ろをみんな取りたいしね。特に今年はメンバーのレベルが高いから、一発を狙える子達は他にもいると思う。それこそ、潤が乗ってるルペールノエル(前走・秋陽ジャンプS2着)も、重賞未経験だけど中山に行けるんじゃないかっていうぐらいのポテンシャルを持っているし、マキオボーラー(前走・東京HJ2着)もいるし、ドリームセーリングもこの前(京都ジャンプS)ニホンピロバロンの連勝を阻止してね。

 ニホンピロバロンは2着でしたが、あのレースの評価というのは?

高田 まあ、負けはしましたけど、目標はあくまで中山だから。京都は、春に京都HJで勝ってはいるんだけど、スピード競馬になる傾向が強くて、そういう流れになるとちょっと厳しいかなというのはあったので。レース選択でちょうどいいところがなくて使ったんだけど、状態も良かったし内容も悪くなかったので、中山に向けていい前哨戦になったんじゃないかな。

おじゃ馬します!

▲前々走阪神JS優勝時のニホンピロバロン、前走で連勝は途切れるも前哨戦として納得の内容に(C)netkeiba.com


 GIは初挑戦となりますが、4100mという距離は大丈夫ですか?

高田 これまでで一番長いところだと、さっきの京都HJで3930mまでは経験していて。じっくり行く馬だし、距離に関してはそんなに心配はしてないね。

 春の王者オジュウチョウサンさんに立ち向かえる馬がたくさんいるという、おもしろい一戦になりそうですね。

高田 うん。今年は本当に強い。このメンバーで勝ってこその“最強の称号”のような感じはするね。ただ、純粋に強ければ勝てるレースでもないんでね。運も必要やし、本当に全てがうまくいかないと勝てないと思うので。心して挑みたいです。

(文中敬称略、次回へつづく)



【読者プレゼント】


西谷騎手、高田騎手2名のサイン入り色紙を、抽選で3名様にプレゼントいたします。ご希望の方は下記のフォームから、必要事項を明記の上、ご応募ください。

※受付は終了いたしました。たくさんのご応募ありがとうございました。
おじゃ馬します!

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

東奈緒美 1983年1月2日生まれ、三重県出身。タレントとして関西圏を中心にテレビやCMで活躍中。グリーンチャンネル「トレセンリポート」のレギュラーリポーターを務めたことで、競馬に興味を抱き、また多くの競馬関係者との交流を深めている。

赤見千尋 1978年2月2日生まれ、群馬県出身。98年10月に公営高崎競馬の騎手としてデビュー。以来、高崎競馬廃止の05年1月まで騎乗を続けた。通算成績は2033戦91勝。引退後は、グリーンチャンネル「トレセンTIME」の美浦リポーターを担当したほか、KBS京都「競馬展望プラス」MC、秋田書店「プレイコミック」で連載した「優駿の門・ASUMI」の原作を手掛けるなど幅広く活躍。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング