「ハロン」編集長の決断/斎藤修

お気に入り

お気に入り

登録済

遅れてきた大物、ローズジュレップ/全日本2歳優駿

2016年12月13日(火)18時00分

注目数:13人


◆田中淳司厩舎にとって3年ぶりの期待がかかる

 今年のホッカイドウ競馬の2歳戦線は、重賞で連戦連勝という主役的な存在が現れないまま、クライマックスともいえるJpnIIIのエーデルワイス賞、北海道2歳優駿では、ともにJRAの強力な1頭に圧倒された。しかしシーズンが終了したあと、遠征した兵庫ジュニアグランプリを快勝したのがローズジュレップ。断然人気に支持されたサッポロクラシックCで2着に敗れていたため、兵庫ジュニアグランプリではそれほど注目されることもなかったが、逃げたネコワールドをぴたりと2番手で追走し、直線で先頭に立つと接戦の2着争いを2馬身差で振り切ってという強い勝ち方だった。サッポロクラシックCは砂が補充されて時計がかかる馬場だったという敗因がはっきりしており、3走前のウィナーズチャレンジでの5馬身差圧勝、そして前走の兵庫ジュニアグランプリのレースぶりからは、ここにきて...
続きを読む

続きをお読みいただくには、ベーシックコース(月額250円(税別))への登録が必要です。既にご登録済みの方はこちらからログインしてください。ご登録いただきますと、スマホ版でもご覧いただけます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コラムニストプロフィール

斎藤修
斎藤修
1964年生まれ。グリーンチャンネル『地・中・海ケイバモード』解説。NAR公式サイト『ウェブハロン』、『優駿』、『週刊競馬ブック』等で記事を執筆。ドバイ、ブリーダーズC、シンガポール、香港などの国際レースにも毎年足を運ぶ。