スマートフォン版へ

【GI初騎乗】杉原誠人騎手(2)『実は…有馬当日のグッドラックハンデが得意です!』

  • 2016年12月14日(水) 18時00分
今週は杉原誠人騎手に中山芝2500mを勝つ秘訣をお聞きしました!


今年のエリザベス女王杯でGI初騎乗した杉原騎手。今回は、6年目の今年を振り返っていただきました。そして、翌週の有馬記念の日に行われる名物レース・グッドラックハンデを2勝している彼に、中山芝2500mを勝つ秘訣をお聞きしました!
(取材・文/大薮喬介)


◆厩舎周りが、無意識に知っている厩舎ばかりに

――今年を振り返ってみて、どういう年でしたか?

杉原 乗り鞍も勝ち鞍も多かったわけではないですが、勝ちたいと思うレースは結果を出せたと思います。GIで騎乗できましたし、阪神や京都も初めて乗って中身は濃かったと思います。ただ、満足はできませんよね。

――これまでの成績を見ると、年々騎乗数、勝利数が減っていますよね。

杉原 4年目に減量が切れてからですね。今年から減量期間が延びましたが、僕は対象外でしたし、復活した若手が活躍しているのを見ると、正直、1年遅く生まれたかったと思いました…。

――やはり減量があるのとないのとでは違いますか?

杉原 レースでの影響は別にして、乗り鞍は減りましたよね。減量がある時は気づきませんでしたが、取れた時に「あぁ、ここまで違うのか」と愕然としました。結果を出した馬でも、減量が取れたら「次は減量騎手でいくから」と言われたこともありましたし…。ただ、それを考えてもしょうがないですよね。自分がもっと結果を出していればよかったことですから。

――4年目で減量が取れたことの影響を受けて、6年目にまた同じ思いをしたわけですか。

杉原 う〜ん、6年目はそこまで意識をしていなかったんですよ。それよりも“減量ではなく、杉原を乗せたい”と思っていただけるような騎手にならないとダメですよね。そのためには1レース、1レースで結果を出していくことだと思います。うん、初心を忘れずに頑張らないといけないです。

――初心とは、具体的に言うと?

杉原 一生懸命に頑張ることもそうですし、競馬のことだけを考えていたデビュー当時の気持ちですよね。決してそれらを怠っているわけでも忘れているわけもないのですが、もっと厩舎周りをして、貪欲に乗り鞍を増やしていくことが大事かなと。

――デビュー時に比べると、厩舎周りが減ったんですか?

杉原 1年目はどの厩舎も知り合いがいなかったわけですが、そんなことは関係なく、お邪魔していました。それこそお菓子だけを食べに行ったりもしていたんです。でも、年を重ねるに連れて、無意識に知っている厩舎ばかりに行っていたように思います。

 決して人と話すのが苦手なわけではないですし、厩舎周りも嫌だったわけではないんですよ。調教に乗る馬がいるとか、レースに乗る馬がいるとか、きっかけがないと行きにくいなと勝手に思い込んでいたんですね。でも、それではダメですよね。これからは用事がなくても、積極的に厩舎へあいさつに伺うようにしたいです。
キシュトーーク

初心を忘れずに、積極的に厩舎へあいさつに伺うようにしたいです



――それは大事なことですよね。では、今の杉原騎手の一番の武器、そしてレースで一番心がけていることは何ですか?

杉原 身体が柔らかいので、行きたがる馬を抑える自信はあります。“折り合いに気をつけろよ”と言われる馬でも引っかかったことはあまりないですから。心がけていることは、馬のリズムですね。レースと馬のリズムが違っていても、あまり急かしたくはないです。レース序盤で促すとスタミナをロスしますし、最後に伸びを欠きます。

――そういえば、もうすぐ有馬記念ですよね。当日に行われるグッドラックハンデをこれまで2勝しています。

杉原 今年も乗りたいですよね。

――グッドラックハンデは有馬記念と同日に行われる中山芝2500mです。コツはあるのでしょうか?

杉原 大好きなコースのひとつです。中山に限らず僕自身、2400m以上で好成績を残せているんですよ。それもグッドラックハンデを勝ったグランデスバルやプロレタリアトのおかげなんですけど(笑)。大好きなコースだから、上手く乗れた時に負けるとすごく悔しいです。プロレタリアトのサンシャインSで2着に負けた時も、本当に悔しくて。中山芝2500mのコツは…、それこそ折り合いとリズムが大事だと思います。枠でいえば、外過ぎなければいいですね。

――枠はどこからが不利なんですかね?

杉原 7枠よりも外は、やっぱりロスになりますよね。

――まさに中山2500のスペシャリストですねぇ。

杉原 そう言われるようになりたいですね。だから、今年のグッドラックハンデも乗りたいですし、有馬記念にも乗ってみたいです!

(次回へつづく)
キシュトーーク

今年のグッドラックハンデも乗りたいですし、有馬記念にも乗ってみたいです!(写真は2013年のグッドラックハンデ、撮影:下野 雄規)

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

元祖「キシュトーーク」のレギュラー陣、国分恭介、国分優作、松山弘平、川須栄彦、高倉稜を中心に、栗東・美浦・地方からも幅広く、これからの競馬界を担うU25の若手ジョッキーたちが登場します!

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング