東スポ×netkeibaコラボコーナー(木)/東京スポーツ

お気に入り

お気に入り

登録済

今年は激戦のJRA賞 宗方助手が宣言「今年こそ最優秀ダートホースに!!」/トレセン発秘話

2016年12月15日(木)18時00分

注目数:13人


◆最終決着は再激突する東京大賞典に持ち越し

 ここまで強いとは思わなかった。香港カップで有終の美を飾ったモーリスのことだ。

 中距離にシフトした初戦のGII札幌記念が2馬身差2着、2戦目のGI天皇賞(秋)が1馬身半差V。そして国際GIの今回が3馬身差圧勝。馬の吸収力、学習能力が非凡なら、それを教え込むキュウ舎力も非凡たる証しか。これで今季GI3勝。昨年に続き年度代表馬のタイトルが近づいた形だが、GI2勝キタサンブラックが有馬記念を制した際、その座はどちらが奪うのか。後者が必死にならざるを得ない(?)暮れのグランプリに、ひとつ興味が増した感がある。

 とはいえ、今年のJRA賞が紛糾しそうなのは年度代表馬のタイトルだけではない。牡牝ともに最優秀2歳馬の座が、今週の朝日杯FSの結果次第で大きく揺らぐムードがあるからだ。阪神JF優勝馬ソウルスターリングのライバルとなり得るのは、くしくも同じフランケル産駒ミスエルテ。こちらも勝つようなら、評価すべきは内容、時計か、それとも賞金の高さか。対する2歳牡馬にとってもメンツを懸けた一戦であり、JRA賞をめぐり暮れのGIがグングンとヒートアップしていくのが面白い。

 しかし当方が同時に関心を寄せるのは最優秀ダート部門。もしアウォーディーがダート無敗でチャンピオンズCを制していればスンナリだっただろう。しかし結果は2着。最終決着はその優勝馬サウンドトゥルーと再激突する12・29東京大賞典(大井ダ2000メートル)に持ち越しとなった。

「去年は東京大賞典で完璧に負かしても、JRA賞はGI2勝のコパノリッキー。でもアウォーディーを連チャンで負かせば、今年こそ文句なしでしょう。勝った昨年と同じローテだし、馬も元気いっぱい。昨年の覇者として自信を持って挑みたいです」

 先週の忘年会の席で力強くこう語ったのは、サウンドトゥルーの宗方聖助手。投票権を持つ一記者としても、見逃せない激闘が年末まで続くのが喜ばしい限りである。

 さて、今週の中山はそのサウンドトゥルーの全弟ルールソヴァール(17日・仲冬S出走)にも大いに注目したい。「しぐさなんか兄によく似ているし、体はむしろ弟のほうが柔らかい。まだ気性面に頼りなさもあるが、秘めたポテンシャルはこちらも相当ですよ。兄が本格化したのは5歳になってからだし、この馬も出世はこれからです」と同助手。兄にエールを送る勝利をまずは期待しよう。(美浦の宴会野郎・山村隆司)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コラムニストプロフィール

東京スポーツ
東京スポーツ
2010年に創刊50周年を迎えた夕刊紙。競馬確定面「競馬トウスポ」(大阪スポーツは「競馬大スポ」、中京スポーツは「競馬中京スポ」)は便利な抜き取り16ページで、中身は東スポグループだからこその超充実ぶり。開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載しています。

関東・舘林勲、大阪・松浪大樹の本紙予想のほか、記者による好評コラム(「一撃・山河浩、馬匠・渡辺薫など)、そして井崎脩五郎、爆笑問題の田中裕二、IK血統研など超豪華執筆陣の記事も読みごたえたっぷり。馬券作戦に役立つ情報が満載です。

関連サイト:競馬トウスポWeb