スマートフォン版へ

NARグランプリのゆくえ

  • 2016年12月16日(金) 18時00分


◆ホープフルSを勝ったら逆転も

 14日に行われた全日本2歳優駿は、兵庫ジュニアグランプリを制していたホッカイドウ競馬のローズジュレップが3着。中央馬2頭には先着されたものの、4着馬には4馬身という決定的な差をつけた。兵庫ジュニアグランプリで対戦した馬たちにはさらに大きな差をつけ、あらためてJpnII勝ちの能力を示した。

 『交流重賞回顧』では、そのローズジュレップについて、「NARグランプリ・2歳最優秀牡馬はほぼ確定といっていいだろう」と書いてしまったが、いや、待てよ。デビューから2連勝のコスモス(川崎)が、25日の中山・ホープフルSを勝ったら逆転もあるかもしれない。

 というわけで

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

1964年生まれ。グリーンチャンネル『地・中・海ケイバモード』解説。NAR公式サイト『ウェブハロン』、『優駿』、『週刊競馬ブック』等で記事を執筆。ドバイ、ブリーダーズC、シンガポール、香港などの国際レースにも毎年足を運ぶ。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング