東スポ×netkeibaコラボコーナー(水)/東京スポーツ

キタサンブラック 馬だけじゃない!!強さの秘密/トレセン発秘話

2016年12月21日(水)18時00分

注目数:20人


◆北島三郎オーナーの絶大なる“求心力”

 昨年の菊花賞、今春の天皇賞に続き、前走のジャパンCでGI3勝目を挙げたキタサンブラック。第61回有馬記念(25日=中山芝内2500メートル)は堂々、ファン投票1位に支持されての出走。もはや“現役最強馬”の評価に懐疑的な声も聞こえなくなってきた。果たしてキタサンブラックが着実に成長し、強さを増していった理由はどこにあったのか? JC時も「トレセン発(秘)話」拡大版で「ダービー14着惨敗の舞台でも鬼門にならない」確信リポートを展開した高岡功記者が、武豊騎手をはじめとするキーパーソンへの取材で、再び秘密に迫った。 

 馬の世話をする厩務員、調教をつける調教助手、それらを管理する調教師に、騎手、生産者…1頭のサラブレッドには実に多くの人間が関わっている。そのヒエラルキーの中で頂点に立つのは言うまでもなく、馬を所有する馬主。その言葉は絶対であり、中には騎手に一方的に騎乗法を命じたり、調教師にローテを指示したりと、関係者に対して高圧的な態度を取るオーナーもいるとか、いないとか…。

 そんな中にあって、キタサンブラックの北島三郎オーナーはまさに異色の存在だ。馬主という以前に、芸能界で頂点を極めた大スターであるにもかかわらず、大上段に構えるようなところが一切ないというのだから…。

 大阪杯からキタサンブラックの主戦として、レースに騎乗し続けている武豊はこう口にした。

「毎回、お話をさせていただいて、すごく勉強になるなぁって思う。あれだけ芸能界で活躍されて、いわば日本のボスみたいな存在なのに、こっちが恐縮するぐらい謙虚で、めちゃくちゃやさしいんだ。競馬で負けた時でも“ありがとうね”って言ってくれるし、勝った時なんてめちゃくちゃ喜んでくれる。あんな人(オーナー)はほかにいないよ」

 GIを勝利すれば、スタンドに残った多くのファンのために、自身の持ち歌を熱唱するのはもちろん、昨年の有馬記念では3着に負けたにもかかわらず、ファンのためにトークショーに出演し、やはり「まつり」を熱唱した。

「本当に競馬が好きだし、競馬界全体のことを考えてくれているのがわかる。もちろん、どんな馬でも勝ちたいと思っているけど、キタサンブラックに乗る時は、勝った時のオーナーのあの笑顔が見たいって気持ちが、より強くなるのは正直、あるよね」(武豊)

 北島三郎オーナーの神対応は、競馬界の顔・武豊に対してだけ向けられているものではない。サブちゃんは厩舎スタッフに対しても、とても大スターとは思えないような、丁寧な態度で接してくれるのだという。

「上からという感じは全くなくて、同じ目線で話しかけてきてくれる。こっちにしてみれば話しかけられるだけでも恐縮するのに本当、ビックリしますよ」とは今井助手。

 担当の辻田厩務員はJCを勝った後、両手を添えて握手され、「僕の名前も覚えてくださっていて“ありがとうね”って。あれだけ芸能界で活躍されているのに、本当にすごい方だと思います。オーナーのために、より仕事を頑張らないとって、いつも思ってます」

 キタサンブラックがなぜ強いのか? もちろん、馬自身のポテンシャルが高いことは間違いない。しかし、ここまで聞く人、聞く人からリスペクトの声が並ぶと、北島三郎オーナーの絶大なる“求心力”も無関係とは思えなくなってくる。

 大スターとしてのオーラをまといながら、ひとつも偉ぶったところを見せないサブちゃんのたたずまいに、誰もが感銘を受け、よりオーナーの期待に応えたいという気持ちになることで、キタサンブラックに関わる全ての人の仕事ぶりが、よりプロフェッショナルなものに。それはきっとキタサンブラックにも伝わっているのではないか?

 中央競馬において、一年を締めくくるお祭りレース=有馬記念を制するにふさわしいのはやはり“キタサンマツリ”。2016年の国内の競馬シーンを誰よりも盛り上げてくれた北島三郎オーナーのキタサンブラックの快走を期待せずにはいられない。(栗東の坂路野郎・高岡功)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コラムニストプロフィール

東京スポーツ
東京スポーツ
2010年に創刊50周年を迎えた夕刊紙。競馬確定面「競馬トウスポ」(大阪スポーツは「競馬大スポ」、中京スポーツは「競馬中京スポ」)は便利な抜き取り16ページで、中身は東スポグループだからこその超充実ぶり。開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載しています。

関東・舘林勲、大阪・松浪大樹の本紙予想のほか、記者による好評コラム(「一撃・山河浩、馬匠・渡辺薫など)、そして競馬評論家・井崎脩五郎、爆笑問題の田中裕二、IK血統研など超豪華執筆陣の記事も読みごたえたっぷり。馬券作戦に役立つ情報が満載です。

関連サイト:競馬トウスポWeb