スマートフォン版へ

【ユーイチの眼】有馬記念回顧『現状では上位馬との力の差を認めざるを得ない結果』

  • 2016年12月27日(火) 18時01分
祐言実行

▲今年の有馬記念は3歳馬サトノダイヤモンドが勝利、騎乗したシュヴァルグランは6着(撮影:下野雄規)


来春の目標は天皇賞、3200mは胸を張っていける距離


 2016年、最後の開催が終わった。12月3日の落馬から中2週で復帰したわけだが、自分としても、まさかここまでいい状態で戻ってこられるとは、正直思っていなかった。3日間開催だっただけに、さすがにダメージが残ることも覚悟していたが、それもまったくなし。なにひとつ無理をすることなく、最後の騎乗を終えることができた。

 それもこれも、ドクターによる治療、トレーナーによるリハビリ、そして妻が食事からアプローチしてくれたおかげ。万全のサポート体制で支えてくれた人たちには、本当に感謝の念しかない。

 復帰初戦に騎乗したマイスタイルで勝利を挙げられたことも励みになった。しかも、ベルクロノスと同じオーナー(マイスタイルのオーナー・寺田千代乃氏は、ベルクロノスのオーナー・寺田寿男氏の夫人)、同じ昆厩舎での勝利。ベルクロノスの命は取り戻せないけれど、なんというか、背中を押してもらったような、特別な力を感じた一戦だった。

 シュヴァルグランで挑んだ有馬記念は6着。パドックで目にした馬体も十分に張りがあり、返し馬の感触も、多少硬さを感じるほどに仕上がっていた。もちろんそれは、嫌な硬さではない。今年最後のレースということで、ギリギリまで仕上げた際の独特の感触だった。

 抽選会で引き当てたのは7枠14番。ポジションを取りに行くにはどうしたって内枠が有利だから、二の脚があまり速くないシュヴァルグランにとって、よほどの好スタートを切らない限り、スムーズに前目につけるのは難しいと思っていた。結果、至って普通のスタートとなり、いつもより促して出して行ったものの、中団の外目につけるのがやっとだった。

 思った以上に流れが落ち着き、道中の動きもほとんどなし。持久力勝負に持ち込みたかった自分としては、もっと流れてくれるのが理想だったが、勝ちに行くにはここで動くしかないと判断し、3〜4コーナーで徐々にポジションを上げていった。

 が、直線では、上位3頭に並ぶまでにも至らず、逆に離されてしまった。あのあたりがシュヴァルグランの今後の課題で、上位馬との力の差を認めざるを得ない結果に。枠順によるハンデも少なからずあったが、あの場面でねじ伏せられるくらいの力は現状ではなかったということだ。

 結果は残念ではあるが、1着を狙いに行くにはあの競馬しかなかった。3〜4コーナーでジッとしていれば、もしかしたら4着、5着はあったかもしれない。でも、そこはGI、有馬記念。枠順と流れを踏まえた勝ちに行く競馬としては、悔いのない騎乗ができたし、今後の課題も見えた一戦だったと思う。

 来春の目標は、今年同様、天皇賞(春)。ゆっくりではあるものの、順調に力を付けているのは確かで、3200mは胸を張っていける距離。また、明け5歳となり、もう一段階パワーアップできる伸びしろも感じているし、何はともあれ、無事に目標までたどり着けることを願うばかりだ。

「もう一度、リーディングを」大井の帝王からのエールを励みに


 2016年は、最初と最後に休養を余儀なくされ、106勝で全国5位という成績に終わった。もちろん、すべてに満足はしていないが、改めて周囲の支えの大きさを実感できた年でもあった。来年こそ、ケガをすることなく、1年間務め上げることが目標だが、だからといって、攻められなくなっては意味がない。あくまでも避けられる事故は避けるというスタンスで、細心の注意を払いつつも、貪欲に結果を追求していきたい。

 先月の的場さんとの対談では、的場さんに「もう一度、リーディングを獲ってほしい」という言葉をいただいた。とても励みになったし、まさかそういう目で見てくださっているとは思わなかったから、なんだか嬉しかった。自分が頑張ることで、喜んでくれる人がいる。その事実はストレートにモチベーションにつながるし、本当に力になる。

祐言実行

▲11月末に行った的場文男騎手(大井)との対談、父のこと騎乗のことなど様々語り合ったふたり


 じっくりお話させていただいたのは先月の対談が初めてだったが、それにしても“的場文男”というジョッキーはすごい人だ。“見習いたい”などと簡単に言うのは憚れるほど。「辞めてもやることがないからね」と笑っていらっしゃったが、ジョッキーとは、それだけで続けられる仕事ではない。体の一部を拝見するだけで、どれだけ努力と苦労を重ねてらっしゃるのかがよくわかった。

 そんな的場さんにいただいた「もう一度、リーディングを」というエール。来年、そして来年以降も、頂点を見据えて頑張っていきたいと思う。


【年末年始の更新スケジュールにつきまして】

年末の更新は本日分で終了。年明けは3日、10日が休載となり、17日が初回の更新となる予定です。


『YU-ICHI ROOM』
福永祐一騎手のオフィシャルコーナー。最新ニュース、騎乗スケジュール、注目馬…“福永祐一”のすべてがここに!


☆TCKからのお知らせ!
ダート競馬の頂上決戦・東京大賞典(GI)が、いよいよ12月29日(木)に迫りました。今年はチャンピオンズC上位組が揃って出走します。また通算7000勝まで残り50勝(26日現在)に迫った『トゥインクル30周年SP企画』のキャンペーンボーイ・的場文男騎手も12年ボンネビルレコード以来、4年ぶりの参戦が決定! 内田博幸騎手、戸崎圭太騎手ら大井でしのぎを削ったメンバーとの再戦が最高峰の舞台で実現します。(⇒東京大賞典の見どころ)

祐言実行

▲GI/JpnI馬が6頭集結!東京大賞典(GI)


29日の東京大賞典ほか、大井競馬は大晦日まで連日開催。ご家族・ご友人とともに楽しめる場内イベントも数多くご用意しております。2016年の競馬納めはTCKで! 入場料が無料となるnetkeibaオンラインクーポンをご利用の上、ぜひ大井競馬場にお越しください。

TCKクーポン
※印刷不可。入場時にスマートフォンまたはタブレットでご提示ください。

▼的場文男騎手のレアグッズが当たる!「的場ルーレット」
12月26日(月)〜31日(土)に、「大井の帝王」的場文男騎手にちなんだグッズが抽選で当たる「的場ルーレット」を実施! 特に29日(木)〜31日(土)の3日間は的場騎手本人にご協力いただき、3Dプリンタを駆使して的場騎手を忠実に再現したフィギュア(20cm)が登場!非売品につき激レアの賞品となっています。26日(月)〜28日(水)の前半3日間は的場騎手のサイン色紙またはサインゴーグルが当たります。

祐言実行

▲的場文男騎手3Dフィギュア(20cm)


日時:12月26日(月)〜31日(土) 開門〜最終レース確定まで(賞品がなくなり次第終了)
場所:G-FRONT前イベントブース(予定)
条件:12月26日(月)〜28日(水):当日の大井競馬の未確定勝馬投票券2,000円分以上の提示、12月29日(木)〜31日(土):当日の大井競馬の未確定勝馬投票券10,000円分以上の提示

▼7000勝へカウントダウン! MATO-METER(マトメーター)登場!
12月26日(月)より、トゥインクルステージ横に的場騎手のパネル型ボード『MATO-METER』が登場! 7000勝まであと50勝(26日現在)、佐々木竹見騎手の持つ地方競馬最多勝7151勝まであと201勝に迫った的場文男騎手の勝利数を毎日更新いたします。大井競馬場来場の記念に、MATO-METERと一緒に写真を撮ってSNSに投稿しよう!

祐言実行

▲ハッシュタグ「#マトメーター」で、的場騎手への応援メッセージも募集中!


▼東京大賞典当日は斎藤工さん・剛力彩芽さんがTCKに来場!
29日(木)の東京大賞典(GI)当日、TCKイメージキャラクターを務める斎藤工さん・剛力彩芽さんが東京大賞典の表彰式プレゼンターとしてTCKに来場いたします。

<東京大賞典表彰式プレゼンター>
日時:12月29日(木)16時35分頃〜
場所:ゴール前賞典台

▼東京ウォーカーpresents『TCKラーメン☆餃子フェス2016』

祐言実行



26日(月)〜31日(土)に毎年恒例のラーメンイベントを実施いたします。今年はラーメンと相性抜群!女子の間で話題沸騰中の餃子とコラボレーションし、「TCKラーメン☆餃子フェス2016」としてUMILE SQUARE(ウマイルスクエア)で開催します。

<TCKラーメン☆餃子フェス2016実施概要>
実施日:12月26日(月)〜 31日(土)
営業時間:
12月26日(月)〜28日(水) 14時15分〜21時(ラストオーダー:20時30分)
12月29日(木)〜31日(土) 10時〜18時(ラストオーダー:17時30分)

祐言実行


ラーメン参加店舗:麺匠うえ田、信州鶏白湯気むずかし家、パイナップルラーメン屋さん・パパパパパイン、牛骨らぁ麺マタドール、我武者羅、味噌屋八郎商店、自家製熟成麺・吉岡、東京スタイル味噌ラーメンど・みそ

祐言実行


餃子参加店舗:浜松餃子・ギョーザの勇次郎、常陸手打ち餃子・正、八街落花生餃子・餃子工房アベニール、肉汁餃子製作所・ダンダダン酒場

場所:大井競馬場 "UMILE SQUARE(ウマイルスクエア)"

祐言実行

▲前開催でお披露目された大広場「UMILE SQUARE(ウマイルスクエア)」

質問募集
祐言実行 / 福永祐一
このコラムでは、ユーザーからの質問を募集しております。あなたから
コラムニストへの「ぜひ聞きたい!」という質問をお待ちしております。
質問フォームへ
祐言実行とは
2013年にJRA賞最多勝利騎手に輝き、日本競馬界を牽引する福永祐一。まだまだ戦の途中ではあるが、有言実行を体現してきた彼には語り継ぐべきことがある。ジョッキー目線のレース回顧『ユーイチの眼』や『今月の喜怒哀楽』『ユーザー質問』など、盛りだくさんの内容をお届け。

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

1976年12月9日、滋賀県生まれ。1996年に北橋修二厩舎からデビュー。初日に2連勝を飾り、JRA賞最多勝利新人騎手に輝く。1999年、プリモディーネの桜花賞でGI初勝利。2005年、シーザリオで日米オークス優勝。2013年、JRA賞最多勝利騎手、最多賞金獲得騎手、初代MVJを獲得。2014年のドバイDFをジャスタウェイで優勝。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング