スマートフォン版へ

アウォーディーが大井で雪辱を期す/東京大賞典

  • 2016年12月28日(水) 18時00分


◆中央勢の優位は揺るがず

 昨年はコパノリッキー(2番人気)が先行し、1番人気のホッコータルマエは好位に付けたが、結果はサウンドトゥルー(3番人気)の差し切り勝ち。

 今年は前記のサウンドトゥルー・コパノリッキーに加えてアウォーディー・ノンコノユメ・アポロケンタッキーが参戦して中央勢の優位は揺るがず、地方馬ハッピースプリントの健闘も期待される。

 馬券は馬単・3連単の5頭ボックス買いが面白そうだ。

 ◎アウォーディーはチャンピオンズCで2着に敗れて連勝記録は「6」でストップしたが、大井のタフなダートコースで雪辱を期す。

 ○サウンドトゥルーはチャンピオンズCを制して好調をキープしているが、自分からレースを作れない点で対抗馬の評価。

 ▲コパノリッキーは好位に付けるレースで帝王賞を制しており、コースを熟知した戸崎に頼んでビッグタイトルに挑む。

 ×ノンコノユメは去勢明けを2度使われて調子が戻り、中間の熱心な稽古内容からも軽視はできない。

 注アポロケンタッキーは大井コース向きの大きな馬体で、好走は可能と見た。

 △ハッピースプリントは乗り慣れた吉原で上位入賞を狙う。

◎08アウォーディー
○14サウンドトゥルー
▲02コパノリッキー
×05ノンコノユメ
注11アポロケンタッキー
△06ハッピースプリント

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

競馬評論家・作家(日本推理作家協会会員)。競馬記者から麻雀プロに転向して第6期最高位のタイトルを獲得。著作に「ダービーを盗んだ男」「天才騎手」などがある。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング