血統ビーム的・傾向と対策/亀谷敬正

お気に入り

お気に入り

登録済

中山マイルはノーザンファームのノーザンダンサー系とノルマンディー

2017年01月06日(金)19時00分

注目数:95人


◆中山で活躍が目立つ岡田牧雄さん関連馬

「血」は「人」が育むもの。改めてそう思わせられるレースが年末は続出しました。

 藤沢厩舎が新設G1候補を含む、2歳G1完全制覇。有馬記念は、馬も厩舎も父子制覇。

 そして、渋いところでは、昨年末の12月18日の中山最終レース。岡田牧雄さんと岡田さんが擁するノルマンディーの所有馬が1-4着を独占。

 12月18日の中山最終レースは芝1600m。岡田牧雄さんとノルマンディー所有馬は、中山マイルで走る印象は以前からありましたが、昨年ものべ27頭が出走して13頭が馬券に。勝率19%、連対率33%、複勝率は48%。単勝回収率152%、複勝回収率191%。

 この成績は、マツリダゴッホ産駒が多いことも影響しているでしょう。同種牡馬は現役時代、中山芝の鬼と呼ばれた馬。同馬を生産したのは岡田牧雄さんの岡田スタッド。

 昨年も重賞のNZTで同産駒で岡田牧雄さんの所有馬エクラミレネールが12人気の大穴で3着に激走。まさにマツリダゴッホの血を中山マイルで爆発させるのは、その血を育んだ岡田牧雄さん。という、わかりやすい構図です。

 とはいえ、中山芝1600mも勝ち星1位はノーザンファーム生産馬。昨年は同コースの勝利数の25%を独占。

 ちなみに、昨年末の12月18日の中山最終レースはノーザンファーム生産馬は1頭も出走しておらず。「ノーザンがいなければノルマンディー」という決着でもありました。

 なお、同コースのノーザンファーム生産馬で昨年最も勝ち星を稼いだのはハービンジャー産駒。同種牡馬の父系である、ノーザンダンサーが強調されたノーザンファーム生産馬が当コースでは狙い目です。

 フェアリーSに出走予定のノーザンファーム生産馬はアエロリット、キュイキュイ、コーラルプリンセス、ヒストリア。4頭のうち3頭は父ノーザンダンサー系。まさに、当コースの傾向通りの出走。

 岡田牧雄さんの生産馬or所有馬はツヅク、ブラックオニキス、ライジングリーズン。父はブラックタイドとマツリダゴッホ。どちらも現役時代に中山芝重賞を勝った馬です。

【厳選・勝負予想!】亀谷敬正の重賞予想は『ウマい馬券』でチェック!
※パソコン・スマートフォンでご覧ください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コラムニストプロフィール

亀谷敬正
亀谷敬正
血統馬券予想理論「血統ビーム」の提唱者。プロフィール詳細や前日予想は「亀谷敬正ホームページ」で(無料コンテンツ多数)。最新著書に「重賞ビーム2016」。